問題・変更管理

世界中に分散する作業チーム、製品品質やコストに対するカスタマーの要求の増大。このような状況下、イノベーションの推進を続けつつ、欠陥の発生数とその影響を最小限に抑えるためにはどうすればよいでしょうか。DSの問題・変更管理ソリューションでは、全ての問題を1つのシステムにまとめ、それらの解決を追跡調査し、プロセスの評価と継続的改善を図ります。

問題報告の完全性と変更の追跡可能性を確保

問題・変更管理ソリューションは、ハイテク/エレクトロニクス企業の皆様が、製品ライフサイクル内で生じた問題に対応 するための問題報告の完全性を確保し、その問題に対応するための変更についての説明を追跡可能にします。このソリューションによって、製品開発に携わるす べての関係者が、地理的な位置や組織内の役割に関わらず課題の提起/解決に寄与することができます。課題や問題をすべて識別し、担当者を割り当て、共通の シームレスなプラットフォーム上で追跡(報告)して、解決されるまでトラッキングされます。課題や問題の情報は、会社全体で同期が取られているので、報告 された問題の対策のため、技術部門と製造部門に向けて正式な変更プロセスを発生させることができます。

PLMシステム、またはそれ以外のシステムに保存されている知的財産のすべては、問題や課題、およびそれに伴う変更によって影響を受けるアイテムとして識 別されます。変更サイクルタイムを短縮するため、サプライヤーや顧客が要請を受けて問題・変更管理プロセスに参加することも可能です。 問題・変更管理ソリューション は、ハイテク/エレクトロニクス企業の皆様に、問題の識別、解決、防止、報告および傾向分析を含む幅広い課題と変更管理戦略をご提供します。

問題・変更管理 ソリューションでは、以下の機能をご提供します。

  • 課題の特定、定義、分析、対処 / 解決
  • 課題追跡・報告
  • ディスカッション・スレッド管理
  • 拡張エンタープライズ変更管理
  • 設計変更指示(ECO)、シングルステージ ECO、設計変更要求 (ECR)
  • 製造変更指示(MCO)
  • 変更影響分析
  • 基準変更・放棄の要求

対応製品: ENOVIA Variant Configuration Central, ENOVIA 3DLive, ENOVIA Engineering Central, ENOVIA Sourcing Central, ENOVIA Live Collaboration

当社は市場投入期間の短縮のためにENOVIAを導入しました。5年前の技術変更ターンアラウンドタイムは平均して200日以上でしたが、現在では平均35日に短縮され、最短では15日しかかからなかったこともあります。これはプロセスにおける大きな改善と言えます。

Scott Davis Manager of Mechanical Design and Documentation, Symmetricom TRC