サステナブル・ソーシング

サプライヤー・ネットワークを効率的に管理

 

ウィンド・タービン開発企業には、できる限り風力発電所の近くで部品の製造、組み付けを行い、大きなウィンド・タービンの構成部品の輸送にかかる物流コストを最小限に抑えることが求められています。そうした現場での製造エキスパートを育成する方法があります。

ダッソー・システムズのサステナブル・ウィンド・タービンでは、製品ライフサイクルを通じ、サプライチェーンの能力をウィンド・タービンの製造および組み付けに活用し、サプライヤーを製品開発の一部に組み込むよう支援します。このソリューションにより、RFQを作成しながらすべてのソーシング情報(コンポーネント、部品表(BOM)、関連データなど)が単一のファイルに自動的に集約され、購買担当者は進捗状況を容易に確認・追跡することができます。

マスター・レコードとスコアカードでは、プラント・メトリック、認定情報、能力などの該当サプライヤーのすべての特性を蓄積できます。サプライヤーの側では、同じ環境内でRFQプロセスに参加し、さらに設計変更要求(ECR)を提案し、製品ライフサイクルを通じて早い段階からコラボレーションすることが可能になります。

ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス®プラットフォームなら、エンジニアリング部門や製造部門が、サプライヤーとより効率的にコラボレーションできるため、開発コストの削減と市場投入時間の短縮が可能になります。

主な特徴とメリット

  • プロセスの標準化を促進し、RFQプロセスの効率を向上
  • エンジニアリング部門、購買部門、戦略的サプライヤーの間のコラボレーションの促進
  • 運用コストの削減、サプライヤー応答時間の短縮、入札品質の向上
  • 開発プロセスでサプライヤーの変更要求を迅速に検討することで、コストおよびリスクを最小限に抑え、下流の品質を改善
  • サプライヤーの能力、品質、パフォーマンスに関する情報を購買購入担当者がすぐに確認でき、戦略的ソーシングを促進