サステナブル・マニュファクチャリング

製品を「最初から正しく」製造


ウィンド・タービン製造企業には、高い品質と効率を維持しながら、迅速に生産性を高め、コストを削減するソリューションを必要です。

ダッソー・システムズのサステナブル・ウィンド・タービンでは、生産性を考慮した設計により、仮想環境で計画し、生産開始前に製造プロセスを検証、事前に問題を特定して解決することで、製品を「最初から正しく」製造できます。また、製品開発の早い段階から、計画、スケジュール、シーケンシング、プログラミング・リソースといった製造関連情報をデジタルに定義し、プロセスを改善することで製造準備完了後の問題と遅延の発生を防ぐことができます。これらのツールは、柔軟なリーン生産の最適化に役立ちます。

ロボットやCNC機械の使用といった製造の自動化は通常、作業員の安全衛生の確保、高い柔軟性、品質の向上、廃棄物の削減、標準化の推進につながります。一方、このような生産システムの投資にはコストがかかりますが、仮想環境を用いた検証によるコストと時間の削減によって投資の妥当性を証明できます。

主な機能とメリット

  • エンジニアリング・プロセスと製造プロセスを同時に定義し、早期に製造可能性を検証する
  • 製造プロセスと生産プログラムの妥当性確認、検証を実施し、生産の問題およびコストを最小限に抑える
  • 企業のノウハウ、標準プロセス、ベストプラクティスを蓄積して再利用する
  • サイクル・タイムを最小限に抑え、生産施設のスループットを改善し、資源を最適に利用する