サステナブル・エンジニアリング

革新的なウィンド・タービン・システムの設計

制御システムは、ウィンド・タービンの性能および安全性を最大限に確保する役割も果たします。メカニカル部品は、ウィンド・タービンにとって、ブレード・ピッチの変更やギアボックスを介したエネルギーの伝達、その他多くの機能を担う重要な要素です。業界をリードする企業は、メカニカル設計と制御システムの継続的な革新を通じ、他社との差別化を図り、競争力を維持しています。現在、システム・モデルは連携性に欠けることが多く、すべてのシステムを包含した製品全体の検証を実施できる「統合」環境が存在しません。

ダッソー・システムズのサステナブル・ウィンド・タービンは、すべての関係ユーザー(要件管理者、システム・アーキテクト、製品エンジニア、メカニカル・エンジニア、および制御エンジニア)に、3Dエクスペリエンス®プラットフォームをベースとしたコラボレーション環境を提供します。このソリューションでは、システムとメカニカルを組み合わせた製品アセンブリーの挙動シミュレーションを利用した完全統合型のシステム・モデリング環境を提供します。ウィンド・タービンの挙動を詳細に把握して正確に予測するには、制御システムとマルチフィジックスを組み合わせた次世代アプローチが必要です。

Simulation of blade pitch angle as wind speed changes to optimize wind turbine performance.

主な特徴とメリット

  • 完全なトレーサビリティを備えた要件管理
  • 一元化されたシステム・エンジニアリングRFLP(要件定義、機能設計、論理設計、および物理設計)アーキテクチャ
  • ウィンド・タービンの挙動を正確に予測する統合型のシステム・モデリングおよびシミュレーション
  • メカニカル設計とツーリング設計
  • マルチフィジックス・ダイナミクスおよびシミュレーション

3Dエクスペリエンス・テクノロジーによる、完全な仮想環境での作業は、私たちにとって新たな設計体験となりました。さまざまなコンセプトを早期に検証し、設計プロセスの早い段階で問題を予測し、製造に着手する前に必要な設計変更ができます。

Flemming Mortensen氏 構造ブレード設計部門マネージャー、SE Blades Technology