セーフ・プラント・デコミッショニング

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.Donec ultrices libero non sem molestie tempor.

セーフ・インベントリー

技術資産情報管理および
3Dデジタル・プラントによる放射性廃棄物の分布のモデル化

これから原子力発電所を新設する場合は、設計の段階から廃炉を考慮に入れますが、1960年代の施設ではそうはいきません。したがって、施設と資産の性質を詳細に把握することが必須の準備作業となります。長い稼動期間に施設の改修が重ねられたことで情報が複数のシステムに分散しているだけでなく、情報が不十分であったり古くて無効であったり、紛失していることさえよくあります。セーフ・プラント・デコミッショニングは、インベントリー(廃棄物一覧)を、様々な視点(マルチディシプリン)から見たプラント階層構造(ブレークダウンストラクチャ)で整理し管理します。そして、そのインベントリーは、仮想空間に3Dで複製されたバーチャルプラントに、放射性廃棄物の分布の裏付けとなる情報と共に関連付けられることにより、正確な積算を可能とします。情報の一元管理を基本とすることで、安全で効率的な廃棄物管理計画を包括的にスケジュールできます。

主な機能とメリット

  • エリア毎のインベントリー、写真、ドキュメント、センサーの時系列データ、図面など資産に関する技術情報を一元管理し、プロジェクトのすべての関係者に提供
  • マルチディシプリンから見たプラント階層構造(システム階層、エリア階層、ディシプリン階層)に従って資産情報を体系化
  • 3Dと関連付けて資産情報を管理
  • 正確な資機材表・積算表・放射性廃棄物の分布
  • 関連する3Dを根拠とし、資機材表・積算表を計算

<div/>