セーフ・プラント・デコミッショニング

安全で環境へ配慮した廃止措置の実現

発電施設を廃止する場合に重要なのは作業員と近隣住人の安全を確保すること、および有害物質や放射能の汚染によって将来の世代にまで悪影響を残さないことです。

ダッソー・システムズ3Dエクスペリエンス・プラットフォームで提供されるセーフ・プラント・デコミッショニング・インダストリ・ソリューション・エクスペリエンスは、解体と廃棄物処理計画におけるエンジニアリングの効率化をとおして、ALARA (As Low As Reasonably Achievable、合理的に可能な限り低く)の原則に基づくリスク軽減アプローチの適用、安全の最大化、コストの最適化を実現します。解体作業は有害物質や放射性物質の流出リスクを最小化すべく最適化され、可能な限り最大限に資機材を再利用またはリサイクルできるようにします。プロジェクトの遂行状況はリアルタイムのモニタリングと計測によって完全可視化され、これによってクリーンで安全な現場の実現が可能になります。