オプティマイズド・プランニング

初回建築を最適化

 

プラント施設に大型装置を配置する際には、複雑な同時進行作業が発生し、計画の詰めが甘いことにより、施工遅延の問題が発生します。 材料搬入が遅れたり、設計が不正確で作業のやり直しが必要になったり、組み立て手順の不手際があとになって判明して取り外しと再設置が必要になったり、作業員のスキル不足で初回から作業がうまくいかなかったりと、噴出する問題は多種多様です。こうした問題を予測し、利用可能なリソースを最適に運用できるよう、施工に着手する前に設計プロセスと施工プロセスを同時に最適化できるとしたらどうでしょうか。

EPC(エンジニアリング、調達、施工)企業、オーナーや経営者が、施工会社に発注する前にコストと施工日数を正確に見積もり、すべての要件を計画に盛り込むことができるようになるのです。その後の想定外の問題によるコストと時間の変化もすばやくシミュレーションできるため、プロジェクトを工期どおりに進めるための代替調整案を容易に定義できます。オプティマイズド・プラント・コンストラクションインダストリ・ソリューション・エクスペリエンスは、こうした「施工を想定した設計」アプローチを実現します。初期および全体的な設計プロセス、プラント施工計画、スケジュール管理、工程管理を4D(3Dおよび時間)仮想環境で定義・シミュレーションできます。 設備やツーリングの動作だけでなく、ヒューマン・シミュレーションにも対応しています。このソリューションでは、設備、地形、プラント施設の3D情報に基づいて、作業員に文字ではなく、視覚的にわかりやすい3Dの作業指示を提供できます。作業員は、実際の現場に類似した3D仮想アニメーション・シナリオを参照することで、現場で作業を開始する前に作業内容を確実に把握できます。

 

主な機能とメリット

  • コラボレーティブな施工イノベーション
  • 計画、視覚化、工期どおりに進行
  • 施工問題の検証と予測
  • 健康および安全上の問題を軽減または排除
  • 施工の最適化とフィードバック