オプティマイズド・エンジニアリング

効率的な情報伝達

 

膨大な数のドキュメントが異なるシステムに保存され、情報の転送や共有が困難な場合、成果物の管理は困難を極めます。地理的に離れた場所にいるプロジェクト関係者間で、複雑なワークフローに従い、レビューを行うのは時間がかかり、大型プロジェクト全体に遅延が生じてしまいます。マイルストーン検証のスピードアップが課題となります。 また、常に最新ドキュメントを配布し、エラーや手直しにつながる不正確な情報に基づく施工を避ける必要があります。

オプティマイズド・プラント・コンストラクション ・3Dエクスペリエンス・ソリューションでは、エンジニアリングの納品計画を全体的なプロジェクト・スケジュールに組み入れ、情報の一元管理、電子署名による追跡可能なワークフロー、課題・変更処理の担当責任の明確化、オンデマンドですぐに進捗状況を確認できるダッシュボードなどを提供します。 エネルギー・プロセス企業の大型プロジェクト責任者やオーナー・オペレーター側の責任者は、3Dエクスペリエンス・ソリューションオプティマイズド・プラント・コンストラクション の活用により、技術データを保存・管理し、下流プロセスへ配信する前に内容を検証し、スケジュール通りの配布を確実に実行できます。

主な機能とメリット

  • 主要なプロジェクト関係者間での情報の見える化
  • 情報の一元管理
  • 決定責任の明確化
  • ワークフローおよびドキュメント全体のトレーサビリティ