原子力プラント、オフショア石油掘削基地、石油精製所など、構造が複雑で、膨大な資源を要する大型プロジェクトの遂行においては、信頼できる情報のバックボーンが必要となります。一元化された最新のプロジェクト情報により、EPC(エンジニアリング、調達、施工)企業、オーナー・オペレーター(OO)、その他のプロジェクト関係者は情報を共有し、世界に分散したプロジェクト環境で効率的にコラボレーションをすすめられます。これにより、計画の最適化、実行、ノウハウの蓄積が可能となります

ダッソー・システムズの オプティマイズド・プラント・コンストラクション ・インダストリ・ソリューション・エクスペリエンスでは、すべての情報の一貫性とトレーサビリティを確保します。また、時間、コスト、リソースの無駄を最小限に抑え、プロジェクト・エコシステムの生産性向上に貢献します。 プロジェクト・チームは、フェーズ、ゲート、マイルストーンが事前定義された最適なテンプレートを使ってシームレスかつグローバルに情報の作成、意見交換、共有、管理が行えます。未来の工場のデジタル・ツインにより、 施工現場 での組立作業をを3次元でシミュレーションでき、作業員のバーチャル・トレーニングを実施することも可能です。3Dというユニバーサル言語を活用したバーチャル検証とトレーニングは、タスクを最初から正しく実行するのに役立ちます。リアルタイムでダイナミックなダッシュボードにより、プロジェクト管理スコアボードが提供され、単調なタスクとプロセスが排除されるため、マネージャーは価値の高い業務に専念することができます。

「オプティマイズド・プラント・コンストラクション」インダストリ・ソリューション・エクスペリエンがもたらす価値

  • 効率的な情報伝達
  • 発注から納入まで優れたパフォーマンスを実現
  • ユニバーサル言語による作業手順の作成
  • サプライヤーや契約業者との関係を管理
  • 初回組立てを最適化