インテクレーテッド・リクワイアメント

当初の期待値を満たす、適合性の管理

「欠陥ゼロ」のプラント・エンジニアリングでは、設計段階ですべてのプロジェクト要件を満たす必要があります。しかし、プラントのライフサイクル全体で常に正確な情報を取得できるとは限らないため、トレーサビリティが欠如し、データの整合性が失われ、ナレッジの活用が困難になります。

インテグレーティッド プラント・エンジニアリングでは、要件定義から物理的な設計、機能および論理プロセス定義にいたるまで、複数分野のエンジニアリング・データの統合管理が可能です。こうした異なるエンジニアリング要素をクロスリンクすることで、変更時のインパクト分析が容易になり、全体的な品質向上を達成できます。

主な機能とメリット

  • 契約と規制を要件に分解
  • WBSに要件をマッピング
  • エンジニアリング定義を要件と常に一致させる
  • 全体的な品質とトレーサビリティを改善
  • 認定と法規制コンプライアンスを促進