フィットネス・フォー・サービス

マルチフィジックスと機能(障害)シミュレーションによる設備とシステムの分析

複雑なインフラストラクチャーのオペレーションの最適化には、異なるシナリオの評価や過去の事象の確認が必要で、これなしでは解明できないことが多くあります。稼働中のプラント、ネットワークや分散する資産のいずれも、コアとなる設備の構造的完全性の変化を把握し、システム全体の機能時の挙動、障害時の挙動を分析することで、生産およびメンテナンスの効率性と安全性を改善することができます。「エフィシェント・プラント・オペレーション」インダストリ・ソリューション・エクスペリエンスは、サービスの適合性(FFS)分析、信頼性・可用性・保守性・安全性(RAMS)調査、確率論的リスク/安全性評価(PRA、PSA)、故障モードおよび影響解析(FMEA)、安全度水準(SIL)の判断、信頼性ブロック図(RBD)作成のためのツールを提供します。 これらのアクティビティはすべて、シミュレーションのライフサイクル環境で管理されます。

構造とシステム両方をモデリング、分析するため、業界で実績ある先進的なマルチフィジックス・シミュレーション・コードを使用した、幅広いコラボレーション・シミュレーション機能が利用できます。流用性を考慮して設計された環境で、オブジェクト指向で複数物理分野に対応する、(私企業に属さない)オープンなModelica言語を使用した機能シミュレーションも実施可能です。安全設計とFTA(フォールト・ツリー解析)を、標準化された正式のAltaRica言語を使用して実行します。

<div/>

<div/>

主な機能とメリット

  • システムの信頼性と可用性を向上
  • マルチフィジックス・シミュレーションで重要な設備のサービス適合性を実証
  • 主要設備の文書化されていない事象イベントの影響をモデル化してシミュレーション
  • 運用データの履歴をもとに設備の性能低下を予測
  • システムを適切に分離して、メンテナンスの安全性を保証
  • システムの相互依存を分析して、障害の伝播をシミュレーション
  • オンライン・メンテナンスで確率論的安全性を監視