エフィシェント・アウテージ

独自の共同作業分析機能と複数技術多領域の分野におよぶ最適化、作業性の検討の人間工学

シャットダウンやターンアラウンド、停止は、大きな生産ロスを生じる一方で、煩雑さや関連リスクにつながる結果にもなります。無理なサプライチェーン、制約されたスペース、大規模の並行する独自のアクティビティで構成される環境では、規律、先見性、柔軟性が求められます。

エフィシェント・プラント・オペレーション・インダストリ・ソリューション・エクスペリエンスは、このような多分野の課題に応えます。 点群データやCADデータのどちらによるサイトのモデリングでも、時間とスペースの制約を調整して並行で作業し、(財務、法規制、物理的など)さまざまな条件に応じてプロジェクト計画の調整を可能にし、計画外のイベントが起きても、生産資産の停止を最短にとどめることが可能になります。

作業指示を、モバイル・デバイスでアクセスできる詳細な設備の組み立て/分解の3Dモデルを使用して補完し、交換や複雑な修理作業を迅速化しながら、こうしたノウハウを取り込んで他のサイトや後で必要な場合に利用することが可能です。仮想の作業性評価の人間工学評価により、到達が困難なエリアでの作業を準備して、はじめてでも損傷ややり直しをすることなく適切に作業が行えます。

主な機能とメリット

  • 検証済みのシーケンスとリソース計画を最適化し、シャットダウン、ターンアラウンド、停止時間を短縮
  • 変更や計画外のイベントが発生時にしたときに、より迅速・で正確にな対応することでにより生産収益を最大化
  • 人間工学に基づく仮想評価と3Dの作業指示トレーニングにより、従業員の効率性と安全性を向上
  • 独自のナレッジをテンプレートに取り込み、今後のプロジェクトで利用・再利用することで、会社標準を改善