エフィシェント・プラント・オペレーション

要件から運用までをリンクしてチェック、知的財産を管理

複雑な製造資産を扱う組織にとって、さまざまな組織が作成する要件、その変更に追従してコンプライアンスを確保するのは、ますます困難な課題になりつつあります。稼動しているプラント、ネットワーク、分散した資産を問わず、規制、基準、市場の慣行は絶えず変化しているため、柔軟で効果的な要件管理が求められます。

エフィシェント・プラント・オペレーションインダストリ・ソリューション・エクスペリエンスでは、あらゆるソースから要件を取得し、それらを管理・更新可能なオブジェクトとして分割、エンジニアリング・リファレンスや運用の測定値とリンクすることで、要件から実行まで切れ目ない証跡を提供できます。

さまざまな関係者の間で厳格な知的財産の配布管理が必要な資産については、3Dエクスペリエンス・プラットフォームを通じて、適切なチームメンバーに適切な情報のみが供給される、実績のある仕組みを提供します。

主な機能とメリット

  • 要件変更時に設計や運用に対する影響を評価することで、迅速かつ正確に変更に対応
  • 設計または運用変更の要件に対する影響を評価することで、リスクを回避
  • 要件変更点の自動比較機能により、非準拠箇所を早期に検出
  • 監査や規制コンプライアンスの提示を迅速化することで、契約問題や品質管理問題を削減
  • シャットダウン時間を短縮し、試運転と立ち上げを迅速に行うことで、収益を最大化
  • 情報の重複を防ぎ、単一の正しい情報バージョンを維持することで、全体的な品質とトレーサビリティを改善