プラント・リバース・エンジニアリング

リバース・エンジニアリングはコンピューターのなかった時代に建設されたプラントや施設の改修に欠かせないプロセスとなることがよくあります。プラント・リバース・エンジニアリングの実施にあたって採用される技術にはいくつかあります。たとえば、2Dの紙面上の製図や設備資産そのものをスキャンして、それらのデータをさらに処理できるようデジタル・モデルに変換する方法があります。

 ダッソー・システムズ(DS)のCATIAブランド対応プラント・リバース・エンジニアリング・ソリューションは、リ バース・エンジニアリングによって設備資産の情報を簡単に活用する方法をご提供し、設計時と現状の情報の調整を可能にします。スキャナーによって取り込ん だ点群や2Dの製図はシステムにインポートし3Dモデルに変換することができます。3Dモデルでプラントのバーチャルな点検が簡単にでき、新しい施設の設 置や古い施設の撤去による影響を調べることができます。

 設備資産のデジタル・モデルが存在する場合でも、データを1つのフォーマットから別のフォーマットに変換する必要が生じることがよくあります。DSのプラント・リバース・エンジニアリング・ ソリューションは、 Autodesk, AVEVA, Bentley, Integraphなど、他のシステムでつくられた3Dモデルの変換にも対応します。また、当ソリューションは、パイピング&チュービングなど設計から製 造計画までの全体をカバーするプラント設備専用のアプリケーションもご提供します。

プラント・リバース・エンジニアリング・ソリューションには以下の機能が搭載されています。

  • 2D 製図管理
  • リバース・エンジニアリング
  • パイピング&チュービング設計
  • 衝突解析
  • マルチCAD管理

対応製品 : CATIA Reverse Engineering, CATIA Drafting and Annotation, ENOVIA 3D Live, ENOVIA VPM Central, ENOVIA Live Collaboration