メンテナンス・マネージメント

エネルギーおよびプロセス産業では、非効率な運用によって年間150億ドル以上の損失が出ていると推定されています。実際にプラント閉鎖にかかるコストだけでも、1日に100万~500万ドルにのぼると見られます。情報に通じたユーザーは、プラント運用期間全体の総所有コストは、初期コストと同じくらい重要であることを十分に認識しています。化学、鉱業、金属、石油・ガスから、製紙、電力・ユーティリティーまで、さまざまな業界のオーナーや経営者は、プラントの保守に要する時間をできるだけ短くしたいと考えており、EPC (エンジニアリング、調達、施工)企業にこの目的に見合ったプラントの納入を求めています。

 

ダッソー・システムズ(DS)の完全統合型PLMシステムは、プラントの保守プロセスをプラント設計開発の早い段階で最適化します。 エンジニアは、安全規制と環境保護要件をシステムに組み込んで利用することで、作業員の安全性を確保しながら保守シーケンスを実施し、危険物の排出を防いで環境保護に貢献できます。 メンテナンス・マネージメント・ソリューションには、ヒューマン・シミュレーションも搭載されているため、視界、ディスプレイ、モーションや遠隔操作装置の実行可能性を検証できます。 コンポーネントと人的要素を考慮して計画することで、安全性の確保と時間・コストの削減を両立させるように保守シーケンスを最適化できます。

 

プラントのライフサイクル全体でこうした情報を保持して再利用することは、大きなメリットです。ダッソー・システムズのメンテナンス・マネージメント・ソリューションは、オーナーや経営者に現行の保守で使用できる明確なデータを提供し、EPC企業に現在のビジネスを拡大する機会をもたらします。 複雑なプラント運営では、安全やセキュリティから、装置のオーバーホールや交換などの保守作業まで、多くの文書化されたプロセスを実施する必要があります。

 

ダッソー・システムズのPLMシステムでは、今後のプラントで再利用できるように保守プロセスとベスト・プラクティスを保管して管理できます。 製品構成テンプレートを流用してデータセットを編成することで、保守担当者はその情報にアクセスできるようになります。 その後、データベースを複製して共有し、トレーニング用に新しい情報を追加できます。例えば、前例のない新しい作業を実施する場合は、デジタル・モックアップとシミュレーションを活用すれば、さまざまな代替案を計画して検証できます。

ダッソー・システムズのプラント・メンテナンス・マネージメント・ソリューションの主な機能:

  • 運用および保守計画の策定、タスクの順序決め
  • スケジュール機能、CAD、レガシー・システムとの連携
  • 3Dの作業指示とドキュメンテーション
  • 運用およびプロセス・シミュレーション
  • 作業員のタスク・シミュレーション
  • 作業員とサブコンを対象としたトレーニングと作業前ブリーフィング

対応ブランド: DELMIAENOVIA

作業員のリスク軽減は当社の最優先事項です。ダッソー・システムズのPLMソリューションは、この目的の達成に役立っています。

Steve Stephen氏 Southern California Edison