流体システム設計

ダッソー・システムズ(DS)の流体設計ソリューションは、従来の配管ならびに冷暖房空調設備の設計機能をサポートする最先端ツールです。搭載機能システム・ダイアグラムは、論理的プロセスを定義し、パイプラインおよび冷暖房空調設備経路仕様書を社内全体に提供する重要な略図。同ソリューションを活用し、関係部署間の連結部を定義できます。よって、この連結部をPLM環境内で追跡/解析し、設計変更をより簡単に追跡することが可能になりました。

メイン・レイアウトを決定したベース設計から、、ゾーン分割図を再利用することができます。ゾーン分割図はプラント構造解析向けに定義されるのが一般的で すが、流体システム段階では、配管などのシステムをどのようにスプールしなければならないかを定義するために使用されます。よって、システムの構成要素やBOMをプラントの特定のゾーンと関連付けることにより、施工プランニングのクオリティーが向上します。

ベース設計では、すべてのブロックを1つの集合体とします。よって、詳細決定が高度に自動化され、仕様書に定義/保存されたナレッジを活用します。さらに、論理図や設計ルールにより、パーツの位置決めならびに部品選択を自動化します。これにより、設計者の皆様はレイアウトの最適化に費やす時間を増やすことができるとともに過去のプロジェクトで有効性を実証されたプラクティスを再利用することができます。

 パイプの曲げ/つば出しに関する重要データはこの段階でキャプチャされるため、詳細なコンセプト調整は確かな製品づくりのキーポイントとなります。弊社PLMソフトはまた、Alias社製ISOGENなどの標準等角投影図アプリケーションとインターフェースし ています。プラントの構造配置図と同様、すべてのプラント・プロセスはすべて同じ論理的細部化構造から構成されています。最終のプラント施工シーケンスは プロセス・システムにも適用されます。理想とするスプールを現実化できるか、また、パーツ製造前に調整が必要かどうかを確認するべく、パイプ曲げシミュレーションなど詳細プロセスを実行することができます。

Plant Fluid Systems Designソリューションは以下の機能を搭載しています。

  • 配管&計装図 (P&ID)
  • 冷暖房空調設備配置図
  • 3D 機能設計
  • 配管詳細設計
  • 配管製造抽出(スプール図面)
  • 冷暖房空調設備詳細設計
  • 冷暖房空調設備製造設計図抽出
  • サポート&ハンガー設計

対応製品: CATIA Drafting and Annotation, CATIA Systems Logical 3D Architecture, CATIA Piping & Tubing Design, CATIA Generative Piping & Tubing, SIMULIA, ENOVIA 3D Live, ENOVIA VPM Central, ENOVIA Live Collaboration

CATIAのモデルは正確な切断長、等角図、製造の詳細を提供してくれます。サプライヤーに詳細な図面を配布することができるので、サプライヤーのミスの発生率を減らすことができます。これにより、当社はサプライヤー・コストの30%削減に成功しました。

Tom Porterfield Vice President of Operations, Farnham & Pfile