パーフェクト・スペシフィケーション

構造化された配合仕様を定義し、製造で再利用

 

パーフェクト・プロダクトのパーフェクト・スペシフィケーションでCPG企業は、配合、原材料、加工に関する指示を含む、あらゆる種類の製品仕様を定義・管理できるようになります。 管理者が設計する仕様テンプレートにより、情報の標準化を促進できると同時に、仕様フォーマットや内容を迅速に変更できるようになり、変化の激しいビジネス・ニーズに対応できます。 仕様管理の論理的延長、または拡充機能として、強力なBOM管理機能が提供されており、仕様情報を論理的材料階層に組み込むことで、企業は製品構成の定義、データの最大限の流用を実現できます。 変更管理プロセスは、影響を受けるすべての関係者に確実に情報を共有し、リリースや製造の前に仕様を見直す機会を与えるよう設計されています。

パーフェクト・スペシフィケーションによりバリューチェーン全体を通じた製品情報の一元管理、共有が実現し、結果、企業は商品を市場へより速く投入できると同時に、情報を最大限に再利用することで配合コストを削減できます。

主な特徴とメリット

  • 品質確保のため、製造工程中に測定される配合特性を含んだ、製品仕様管理で品質を確保
  • マスター・データ管理: 単一データと製品仕様および情報リポジトリ
  • マスターおよびサイト・レシピ、マルチプラント・コスト最適化のサポート
  • 企業レベルでの変更管理、品質向上とERPとの同期に向けた、仕様とBOMの連携