パーフェクト・ビジュアライゼーション

リアリスティックな店舗環境で、購買者の購入心理を探る

全体の75%近くの購買決定が店舗内で行われ、その大部分は5~8秒以内に決定されます。パッケージの色、グラフィックデザイン、成分、さらには使用方法などのあらゆる要素が、どの商品が買い物かごに入り、どの商品が棚に残るかを決定付けます。しかし、パッケージ導入計画の50%は不成功に終わり、目に見える販売効果を上げているのは、わずか10~15%しかありません。

新しい包装容器のコンセプトを作成して試験を行うのは、容易なことではありません。デザイン会社はコンセプト・スケッチを2Dで作成しますが、消費者は新しいデザインが3Dで表現されていないと評価が難しいと考えます。試作には高額のコストと時間がかかり、エンジニアリングや製造上の制約によって最終デザインが反映されないこともあります。

パーフェクト・パッケージは、3Dスケッチ、自動化ツールによるデザイン調整、新パッケージのリアリスティック・レンダリングの作成によって、コンセプト開発の期間を6週間から48時間に短縮します。リアルタイムのレンダリング機能により、消費者は店舗と自宅の両方を想定した状況でフォトリアリスティックなパッケージ・コンセプトを確認できるため、高額な試作品を作成することなく、迅速にパッケージの検証作業を行えます。

パーフェクト・ビジュアライゼーションは、クラウドにも対応しています。

主な特徴とメリット

  • 新しいコンセプトの簡易評価を通してさらに多くのパッケージ・オプションを検討し、消費者と検証を繰り返すことで理想的なパッケージを作成
  • 様々な環境で活用できる優れたフォトリアリスティック・レンダリングで定量的、定性的検証を実施でき、消費者による検証を促進
  • リアルタイム・ビジュアライゼーションにより、費用のかさむ物理試作を廃止
  • 3Dプリントと迅速なプロトタイピング機能を活用することで、容器のハンドリング評価と、短時間に繰り返し実行できる経済的な実際の容器を使用したレビューを実現