パーフェクト・スペシフィケーション

コンセプトから生産までのライフサイクル全体で仕様を管理

今日では、複数のシステムに包装容器仕様が分散して保存されているため、適切な管理、レビュー、調整の妨げとなっています。こういったことが、コスト増加の原因になったり、企業全体の材料管理の欠如によってリコールを引き起こす可能性があります。

パーフェクト・パッケージを使用することで、企業は、配合、原材料、包装コンポーネント、作業指示などが含まれた、どんなタイプの製品仕様も定義して管理できます。包装容器仕様の作成、承認、管理、再利用の促進には、一元管理された方法が提供されます。企業は、構造化された仕様を使用することで、マルチレベル部品表(BOM)を構築して管理し、親オブジェクトを検索して、どの包装容器材料の節約が可能か特定できます。

パーフェクト・パッケージは、ERPやCADなどの企業の外部システムと容易に統合できるため、製品の市場投入までの時間を短縮し、デザイン効率を上げて、新製品導入に伴うコストを削減できます。

パーフェクト・パッケージは、一元管理された製品データを企業全体で共有できるようにサポートします。企業は、情報を最大限に再利用することでコストを削減し、製品の市場投入までの期間を短縮できます。

主な特徴とメリット

  • 製品仕様の変更を公的に管理し、原材料とサプライヤーの再利用と標準化を促進することで、原材料費を大幅に削減
  • 製品定義を標準化して複数のユーザーが同じ仕様で作業できるようにし、レビューや承認プロセスをグローバルに標準化することで、従業員の生産性を向上
  • 材料を管理して製品リコールと規制違反を回避することで、法的責任を軽減
  • ソーシャル・コラボレーションを実現するデジタル・ワークスペース上で、コミュニティのスタッフとつながり、保護された環境で情報とコンテンツを共有することで、組織の枠を越えたコラボレーションを促進
  • 「親オブジェクトの検索」で、全体に変更指示要求を実行
  • データ駆動型プロセスと部品表を連携 

製品試作品の簡素化が重要でした。私たちは現在、70に満たないテンプレートで5,000種類を超えるパッケージ材料をENOVIAで管理しています。つまり、すべてのグループ法人の協調体制を維持しながら、管理時間の大幅な短縮を達成できました。

Marco Rossi氏 ITビジネス・プロセス・サポート・マネージャー、Barilla社