パーフェクト・パッケージング・デザイン

デザイナーとエンジニアのシームレスなコラボレーションにより、パッケージ設計を最適化

多くの場合、パッケージングエンジニアは、パッケージ・コンセプトを最初から作り直さなければなりません。互換性のないファイル形式と詳細設計の欠如により、エンジニアはスケッチを3Dデザインに変換しなければならず、その過程で重要な設計要素を見失ってしまうことがあります。マーケティング、製造、購買部門だけでなく、外部のデザイン会社、アートワーク・スタジオ、金型エンジニア、サプライヤーがサイロ化された個別環境で作業するため、パッケージ設計を最適化するのに何度も手戻りが発生します。結果として、開発に時間がかかりすぎ、最高の仕上がりとはいえない包装容器になってしまいます。

パーフェクト・パッケージでは、スタイリングとメカニカル・シェイプ・デザインを緊密に統合することで、コンセプトを、検証済みの質の高い設計に変換できるように支援します。さらに、構造負荷解析を行うことで、必要とされるすべての技術仕様を満たした設計を実現します。パーフェクト・パッケージにより、エンジニアは自動制御、材料や部品のライブラリ、ワークフローを構築して、新しいパッケージの開発や地域の消費者のニーズに合わせた既存の包装容器設計の変更作業を加速することもできます。

パーフェクト・パッケージは、パッケージングエンジニアがあらゆるタイプの包装(一次、二次、三次パッケージ)への対応を可能する優れたソリューションです。 

  • フレキシブル・パッケージング
  • 硬質プラスチック
  • 紙容器
  • 金属
  • グラス 
  • 液体カートン

 

3Dエクスペリエンス・プラットフォームでコラボレーションすることで、すべてのパートナーとサプライヤーは同時に作業を進めることができます。その結果、従来の開発にかかる半分の時間とコストで、売り場で選ばれ、消費者の満足も得られるうえ、サプライチェーンから途切れなく供給される包装容器を開発することができます。

パーフェクト・パッケージング・デザインは、クラウドにも対応しています。

主な特徴とメリット

  • 自動制御ツールで上げ底、ネック、ねじ込みスレッドなどのボトルエレメントを自動的に追加してデザインの微調整を行うことでエンジニアリング・プロセスを加速
  • 事前に設定された材料ライブラリを活用し、調達済みの材料を利用しながら理想の形状を実現することでコストを削減
  • 事前シミュレーションで初期検証試験を実施することで、認定への取り組みを改善
  • あらゆるタイプの包装容器と材料に対応