パーフェクト・ラボ

コストを削減しながら、研究期間の短縮とラボの生産性向上を実現

パーフェクト・クオリティ・ラボ

完全に統合された電子品質試験プロセスにより、データ品質と生産性を向上

施設の安全性やコンプライアンスに関する規制が30~40%増加し、R&D部門、特に研究開発ラボに影響を与えています。パーフェクト・ラボには電子品質試験プロセスがすべて統合されており、生産性の改善、配合製造プロセス管理の効率化、データの品質とアクセス性の向上が実現することによって、コンプライアンスへの取り組みを軽減することができます。

パーフェクト・ラボでは、研究開発と環境安全衛生(EHS)の間に生じるギャップを解消することができます。化学物質在庫管理システムは、さまざまな地域や国における規制、あるいは国際的な各種規制に準拠しながら、化学物質の正確な追跡、管理、レポート作成を可能にします。

その結果、パーフェクト・ラボによってサイクルタイムが短縮され、製品をより早く完成させることができます。

主な機能とメリット

  • 迅速で使いやすい化学物質在庫管理システムにより、コンプライアンス上の問題を最小化
  • 化学物質の情報や在庫に関する規定の危険性や規制基準の照査
  • 安全データシート(SDS)管理の統合
  • 研究開発ラボの機器と接続することで、データの転記ミスを回避
  • 各国独自の安全性およびコンプライアンス査察に関する計画作成、管理、レポート生成

「…施設内のコンテナの数が10,000個から5,000個へと半減しました」

お客様はこう語っています