夢を現実にかえる

人類が直面する最も大きな課題の1つはゴミ問題です。私たちが排出しつづけるゴミをどう処理したらよいでしょうか? アメリカ合衆国だけでも1時間につき500万本ものプラスチック・ボトルがゴミになっていると推測されています。 その多くの行き着く先はゴミ埋立地です。 しかし、ほかに方法があるとしたらどうでしょう? もし、食べても安全で、栄養価があり、味も良いパッケージがあれば、ゴミを減らすことができるのではないでしょうか?

各国の製造業者は、想像から実際に販売できる製品へと変えるためにダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス®・プラットフォームとインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスを利用しています。 3Dエクスペリエンス®・プラットフォームにより、新製品の販売前から販売後までの性能を把握できます。 このように、製品の使用と消費後のパッケージのリサイクル方法に目を向けることで、「いつかごみの問題のない世の中が来るだろうか?」という問いにたどり着きます。

パッケージ製品・小売業
パッケージ製品・小売業

当社のインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスのご紹介

ダッソー・システムズとの連携により、パッケージ製品・小売業界の皆様に3Dエクスペリエンス・プラットフォームを活用したバーチャルな店舗設計、製品製造、およびテストをご利用いただけます。 インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスでは3Dエクスペリエンスを利用して、パッケージと店舗内のパフォーマンスをともに最適化します。 3Dエクスペリエンスによってボトルの形状だけでなく、将来的にはその味や栄養価まで設計できるようになるかもしれません。

» ソリューションのご紹介

3Dエクスペリエンス・プラットフォームについて

今日の消費者にとって、何よりも価値があるのはエクスペリエンスです。 エクスペリエンスの時代には、これまでと異なる視点で消費者の要望に応えていくことで、絶大なビジネス・チャンスが生まれてきます。 3Dエクスペリエンス・プラットフォームとは、差別化された顧客エクスペリエンスを生み出そうとする企業のためのコラボレーション環境、すなわち、「ビジネス・エクスペリエンス・プラットフォーム」なのです。

» 3Dエクスペリエンス・プラットフォームのご紹介

 

 

3Dエクスペリエンスの時代のイノベーション(2:20)