夢を現実に変える

人類が直面する最も大きな課題の1つはゴミ問題です。私たちが排出しつづけるゴミをどう処理したら良いでしょうか?アメリカ合衆国だけでも1時間につき500万本ものプラスチック・ボトルがゴミになっていると推測されています。その多くの行き着く先はゴミ埋立地です。しかし、ほかに方法があるとしたらどうでしょう?もし、パッケージが食べても安全で、栄養価があり、味も良いとしたら、パッケージを食べることで、ゴミを減らすことができるのではないでしょうか?

このような豊かな想像を製品として具体化させるため、世界中のメーカーが 3Dエクスペリエンス・ソフトウェア・プラットフォーム を活用しています。 3Dエクスペリエンス® ・プラットフォームにより、新製品の販売前、販売中、販売後の性能を理解することが可能です。大きな関心事の1つは、製品の使用・消費後に残ったパッケージのリサイクル方法、若しくは再利用方法です。

ダッソー・システムズとの連携により、パッケージ製品・小売業界の皆様に3Dエクスペリエンス・プラットフォームを活用した製品や店舗のバーチャルな設計、製造/建築、テストをご利用いただけます。 パーフェクト・パッケージおよびパーフェクト・シェルフ・インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスでは、3Dエクスペリエンスを通してパッケージや店舗のパフォーマンスを最適化します。ボトルの形状だけでなく、その味や栄養価まで設計できるとしたら、それは3Dエクスペリエンスによってでしょう。問いかけるべき問題は唯ひとつ。私たちがゴミ問題のない世界を実現したいかどうかです。

3Dエクスペリエンス・プラットフォームのご説明

エクスペリエンスの時代が到来しました。3Dエクスペリエンスが企業のイノベーション推進と素晴らしいエクスペリエンスの提供に如何に貢献しているかを、こちらの動画でご覧ください。