法規制コンプライアンス管理

 

環境や健康に対する社会の関心が高まるなか、政府は今後ますます製造企業に対して「エコデザイン」の取り組みを要求すると予想されます。「エコデザイン」とは、環境を配慮した製品の開発、メンテナンス、処理を意味します。「エコデザイン」は、無鉛製品を目指したRoHS(電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限指令)やWEEE(廃電気・電子機器指令)などのヨーロッパの規制、およびアジアや北アメリカでの同様のイニシアチブの中心にありました。REACHなどの新しい規制や、成分にいたるまで材料を追跡する必要性によって、パッケージ製品の製造企業の皆様は、追跡可能な製品記録のシステムを実行することを迫られています。

  グローバルに事業を展開させたい企業にとって、規制遵守は最も重視しなければならない事項です。要件を満たせない場合、製品発売スケジュールの遅れ、リコール、罰金、顧客満足度の低下を招いたり、企業のイメージを損なうことがあります。これまで、多くの企業が、製品開発サイクルの遅い時期で規制遵守の報告や分析を行うというかたちで、環境規制に対応してきました。遵守要件は製品ライフサイクルの全段階でアクセス可能というわけではありませんので、こういったアプローチは遅い段階での設計変更を引き起こします。

 

ダッソー・システムズ(DS)のRegulatory Compliance Managementソリューションで、企業の皆様は製品開発の欠かせない一部として「コンプライアンスのための設計」を実行することができます。弊社のソリューションによって、御社の製品開発チームは製品開発サイクルの早期を含む全段階でどのデザインビューからも材料の内容の情報をチェックすることができるようになります。また、同様の製品を製造する場合の規制遵守と比較したり、リサイクル可能な材料をリストアップしたり、製造地としてどこが最適でどこが不適切かを評価するためのレポートが作成されます。これらの情報は、製造に関わる全ての場所の規制について相互参照することができますので、設計者は早めに変更を加えることができます。

  弊社のソリューションを活用して、材料仕様に最新の材料組成が確実に含まれるよう、材料コンプライアンス検証プロセスにサプライヤーを組み込むこともできます。これにより、設計者は新製品が満たさなければならない顧客や市場の要求に基づいた材料の選択をする際に重要な情報を得ることができます。その結果、グローバル市場が求める革新的かつ環境規制をクリアした製品を発売することができますので、先進的パッケージ製品関連企業にとっては大きなメリットです。

Regulatory Compliance Managemenソリューションには以下の機能が搭載されています。

  • サプライヤー コラボレーション
  • 素材コンプライアンス評価ツール
  • 成分規制管理