企業プロジェクト管理

新製品を市場へ送るためには開発と生産の一貫性を保証する強いバックボーンが必要です。パッケージ製品メーカーの皆様は、プロジェクトの初めから製品発売を経て製品発売後にいたるまで、潜在客、顧客、サプライヤー、パートナーなどの社内外のグループが関与する複雑なコラボレーションを管理することにより、市場での成功をライフサイクル全体に亘って持続させなくてはなりません。

 

パッケージ製品関連企業の皆様は、重要な資源を最も収益性の高いプロジェクトに集中させる一方で、拡張エンタープライズ全体でのビジネス プロセスを標準化させる必要に迫られています。ダッソー・システムズ(DS)のエンタープライズ・プロジェクト・マネージメント・ソリューションは、スケジュール、資源、プロセス、コストなどに関するプロジェクトの現状をリアルタイムに一望するためのプロジェクト ダッシュボードをご提供します。このコラボレーティブなプロジェクト管理ソリューションは、自動的に更新されるリアルタイムの情報をベースにプロジェクトとプログラムを実行することにより、世界中に散在するユーザーの生産性を著しく上昇させます。リアルタイムの情報は、ビジネス プロセス、タスク、ドキュメント、成果物およびその他のデータ源への直接リンクによって自動的に更新されるしくみになっています。

 

弊社のソリューションは、企業の皆様がリアルタイムの利用報告書を基に人員計画を最適化し、全プロジェクトに亘って主要なスキルの投入可能性を判断し、フェーズ、ゲート、マイルストーンがあらかじめ定義された、業界一のプロセステンプレートを使用して、フェーズベースの意思決定プロセスを推進します。製品開発が益々複雑になり、製品開発チームがさらに広く分散したことが相俟って、従来の直線的なプロセスから、同時開発をサポートするソリューションへの移行を補佐するソフトの需要が高まっています。先進的なデータ収集、コラボレーション、分析ツールにより、チーム間の協働作業が捗り、情報をより効率的に共有することができます。

 

パッケージ業界のどの製品についても言えることですが、発売後に製品の内容やパッケージを変更する必要性が生じることがよくあります。当ソリューションは、新製品導入プロジェクトだけでなく、製品改良やリニューアルプロジェクトもサポートします。

Enterprise Project Managementソリューションには以下の機能が搭載されています。

  • プロジェクト テンプレート管理
  • プロジェクト コンテンツ管理
  • プロジェクト作業分解図(WBS)
  • プロジェクト資源管理
  • プロジェクト計画&スケジューリング
  • プロジェクト成果物追跡
  • プロジェクト ダッシュボード
  • NPI ステージゲート
  • 業務/投資利益率(ROI)分析

ENOVIAのデータ駆動型の標準システムは、総納品額の削減と市場投入までの時間の短縮というかたちで、ビジネスバリューを発揮しました。

Dan Blair, Director of Material and Product Corporate Systems Procter & Gamble, 2008