マイ・ショッピング・エクスペリエンス

小売店は、ストア・レイアウトに関する正確な指示だけでなく、コンシューマーの好みとフィードバックに基づくマーチャンダイズ環境も伝える必要があります。 リアルな3Dエクスペリエンスを使用することで、楽しいショッピング・エクスペリエンス、ブランド・エクイティの一貫性、コンプライアンスに沿った運営を実現できます。 コストのかかる生産に入る前に店舗を確認することで、大きなメリットが得られます。 店内のレイアウトが完成したら、社内の店舗およびマーチャンダイジング関係者や外部コンシューマー・グループをウェブ経由でバーチャル・ウォークスルーに招待し、ショッピング・エクスペリエンスを体感してもらうことができます。 マイ・ショッピング・エクスペリエンスでは、コンシューマーはさまざまなエリアを参照して製品を試験的に購入できます。マーチャントは、実際に生産したり、実際に製品を倉庫に在庫する前に、提案したコレクションに関する貴重な意見を得ることができます。 マイ・ショッピング・エクスペリエンスでは、アソートメントと店内の陳列方法に影響を与えるコンシューマーの好みを特定できます。 地方の店舗は、3Dウォークスルーを使用することで、プラノグラムに従って店舗を構築できます。 マイ・ショッピング・エクスペリエンスでは、マーチャンダイザーが持つ店舗のイメージを効率的に取得して伝えることができます。

3Dバーチャル・ショッピング・エクスペリエンス

主なメリット

  • 購買者の視点を取得し、店舗と共有できる
  • インタラクティブな3Dウォークスルーを使用して、望ましいショッピング・エクスペリエンスを伝えることができる
  • 内容や配置に関する豊富な情報からアソートメントの判断を下すことができる
  • 店舗構成と提案したコレクション内容に関する早期フィードバックを取得できる
  • 直感的なウェブベースのインターフェースでトレーニングを簡素化できる