3Dコンテンツ・コラボレーション

現物のコレクションが届いた後で問題が発覚するなど、ストア・レイアウトの設計にはリスクが付き物です。 マーチャンダイザーは、早い段階で店舗をバーチャル環境で確認することで、より良い判断を下すことができます。 最もインパクトの大きいアソートメントを実現できます。

3Dコンテンツ・コラボレーションの効果は、「百聞は一見にしかず」そのものです。 このインダストリ・プロセス・エクスペリエンスにより、ショッピング環境を印象的なリアリズムを備えた3Dバーチャル・モデルとして表現できます。 3Dで作成したコンテンツを高品質な写真やAdobe Illustrator™画像と組み合わせて、3Dモデルとしてまとめてレンダリングします。 店内に商品を実際に配置する前、あるいは生産すらしていない段階でアソートメントをデジタル環境で確認することで、コストと時間がかかるアソートメントの失敗を回避し、ROIを改善します。

3Dコンテンツ・コラボレーション

主な特徴

  • 店内の製品の情報の一元管理
  • 3Dを活用してリアルな店頭ディスプレイを実現
  • リスクを軽減し、迅速に判断を下し、収益を高めることで、店舗レベルでオペレーショナル・エクセレンスを実現
  • 以前の2D製品スケッチから独自の3Dコンテンツを容易に作成