マイ3Dモデル

3Dモデルのバーチャルな試作品を使用して、プロセスの早期段階で変更を決定できます。また、採用案に集中することで、サイクル・タイムの短縮とサンプル・コストの削減が可能になります。

製品と性能をリアルに再現した3D表現を取得してシミュレーションできます。

サンプルの作成は、金型とツーリングを使用する商品(フットウェア、ハンドバック、アクセサリー)では特に、時間がかかりコストも高くつきます。また、時間のかかるサンプル作成プロセスにより、デザインの決定や応答が遅くなり、市場投入までの時間が長くなります。業界をリードするアパレル企業は、季節ごとの納品を迅速化し、お客様とのやり取りを改善するため、3Dバーチャル・モデリングや製品のビジュアリゼーション技術に目を向け、採用を進めています。企業は、3Dのバーチャルな試作品を使用することで、より多くのデザイン・オプションをすばやく評価し、スタイル、形状、材料、性能に基づいて品揃えを調整できます。また、3Dモデルをサプライヤーや潜在的な消費者と共有して、生産を開始する前にフィードバックを得ることもできます。

主な特徴とメリット

  • デザイナーは、すばやく明確な実験、反復、コミュニケーションを自由に行うことが可能
  • 3Dの試作品を使って、仮想的に品揃えを確認・調整
  • 実物サンプルを減らして、市場投入までの時間を短縮