プログラム / プロジェクト管理

スケジュール、資源、コストの各面からプロジェクトの現状をリアルタイムに可視化できるプロジェクト・ダッシュボードを提供

新製品を市場投入するには、開発・生産プロセスを通じて、一貫した強力な情報のバックボーンが必要となります。製造業の皆様にとっては、プロジェクトのスタートから製品の販売、アフターサービスにいたるまでの複雑なコラボレーションを如何に管理するかがキーとなります。今や、製品にまつわるコラボレー ションには、エンドユーザーから、サプライヤー、パートナーなどの社内外のグループまで、製品に関わる多様な関係者が参加する必要があります。そうすることによって、製品の市場での成功がライフサイクル全体にわたって維持されます。

消費財企業様には、重要なリソースを最も収益性の高いプロジェクトに集中させる一方で、拡張エンタープライズ(企業グループ)全体のビジネスプロセスを標準化することが求められています。ダッソー・システムズ(3DS)のEnterprise Program / Project Management ソリューションでは、 スケジュールや各種リソース、プロセス、コストなどに関するプロジェクトの現状をリアルタイムに可視化できるプロジェクト・ダッシュボートで管理を行い、 標準化を促進します。コラボレーティブなプロジェクト管理ソリューションで、リアルタイムに自動更新される情報をベースにプロジェクト / プログラムを遂行できます。それによって、世界中に散在するプロジェクト関係者の生産性を向上させます。ビジネスプロセスや、各種タスクドキュメント成果物などは、それぞれデータソースに直接リンクしており、リアルタイムでの自動更新が可能となっています。

リアルタイムの活動レポートを基に人員計画を最適化することで、各プロジェクトについてそれぞれ必要となるスキルと、その投入可否を、全体的に判断できます。また、あらかじめ定義されたベストインクラスのプロセス・テンプレートにフェーズやゲート、マイルストーンが用意されており、フェーズ毎にチェックプロセスを用意できます。製品の開発プロセスは近年、より一層複雑となり、また製品開発チームも世界中に広く分散してきています。そのため、従来の直線的なプロセスから、同時並行開発をサポートするソリューションへのニーズが高まっています。データ収集 / 管理、コラボ レーション、分析のための優れたツールにより、チーム間の協業を促進し、情報共有を効率化します。

消費財業界では特にそうですが、製品の機能を販売後に変更するという事態がよく起こります。本ソリューションでは、新製品導入プロジェクトに加えて、製品改造プロジェクトもサポートしています。

主な機能とメリット

  • プロジェクト計画化 / スケジュール化
  • リソース配分 / 管理
  • 財務分析
  • リスク管理
  • 課題管理
  • プロジェクト・ナレッジ・キャピタライゼーション
  • プロジェクト追跡 / モニタリング
  • プロジェクト成果物追跡

CATIA と ENOVIA の活用により、データ・アクセス制御、データの整合性、開発データおよび開発ドキュメントの利用が可能となりました。

Melanie Boll PLM Systems & Process Manager, Metabo GmbH