製品設計・開発

組立部品、成型品、鋳造品、鍛造品、加工品、複合材部品の設計をサポートします。

製品が複雑化する一方、性能と品質についての要求はどんどん高まっています。この二つのバランスをとることは、製品開発プロセスの中心課題と言えます。デジタル・プロトタイピングは、製品開発チームが実環境での使用というコンテクストのなかで製品を定義することを可能にします。こうして、製品の挙動を解析したり、品質と性能の決め手となる主な要素を早期に洞察することができます。

ダッソー・システムズ(3DS)のConsumer Product Design and Development ソリューションでは、組立部品、成型品、鋳造品、鍛造品、加工品、複合材部品の設計をサポートします。弊社のパワフルな仕様駆動のモデリング・アプローチによって、スタイリング設計とメカニカル・シェイプ設計の効果的なコンカレント設計が推進されます。一方、機能モデリングは生産性と柔軟性をサポートします。ダッソー・シ ステムズでは、様々なエンジニアリング部門に跨る開発チームに正確なデジタル製品定義向けの最善のツールをご提供し、設計上の欠陥があれば製品開発プロセスのできるだけ早い時期にそれを検地することを可能にします。ダッソー・システムズの設計、シミュレーション、製造向けアプリケーション間のネイティブ統合により、様々なエンジニアリング・チームの皆様が製品開発プロセスを加速しながら品質と性能を重視した製品設計を最適化できます。

製品の設計から製造までのプロセスで最も重要な課題の一つは、製造に適したパーツを設計することです。設計者は、設計上の欠陥や製造上の規制違反のリスクを回避するため、製造情報に瞬時にアクセスできなくてはなりません。そうしなければ、予算オーバーや納品の遅れなどが生じてしまいます。当ソリューションの高度なナレッジ管理機能により、製造仕様書が高機能テンプレートに組み込まれ、設計プロセスの早い段階にシステムに導入されます。製造に関する情報が板金部品やプラスチック部品などを設計する際に自動的に考慮され、設計を迅速化するほか、後工程での設計変更を回避します。これにより、設計者が幅広い構想設計プロポーザルを検討しつつ、同時に後工程での技術上の制限を考慮することが可能です。

主な機能とメリット

  • 成型品設計 / プラスチック射出シミュレーション
  • 板金部品設計
  • 加工品設計
  • 複合材部品設計
  • 電気部品設計
  • 平坦化
  • エッチング / ラベリング・デザイン
  • パッケージ・デザイン (パッケージ製品業界のページも併せてご覧ください)
  • デジタル製品 / バーチャル・リアリティー・イマーシブ・レビュー
  • 設計再利用 / ナレッジウエア
  • 下図、技術設計、テクニカルドキュメント
  • サンプル管理

当社が製品イノベーション・プロセスにおいて直面していた中心的問題のすべてを、ダッソー・システムズのPLMソリューションひとつで解決できることがすぐにわかりました。

Tao Li General Manager EBOHR Watch