コンポーネント管理

お客様企業がコンポーネントの再利用によって製品開発と販売を加速するサポートをし、企業競争における有利な条件をつくります。

多くの消費財企業にとって、新しいコンポーネントをデータベースに加えることは、納入の遅れや利益の減少といっ たリスクを孕んでいます。新たなパーツの開発に1万から2万5千ドルかかる現状では、再利用やモジュール方式を考慮に入れたパーツの設計は不可欠です。理想的には、コンポーネントの最高70%を標準化と再利用の対象として、コスト効果の高い設計をすることが望まれます。また、コンポーネント管理が不十分では、エンジニアがコンポーネントの検索と検証に多くの時間を費やさねばならず、イノベーションを創出する余裕がなくなってしまいます。

 

ダッソー・システムズ(3DS)のComponent and Standard Management ソリューションは、 お客様企業がコンポーネントの再利用によって製品開発と販売を加速するサポートをし、企業競争における有利な条件をつくります。ユーザーの皆様は新しい パーツやドキュメントを簡単に作成し、それらをビジネス環境に適したヒエラルキーに沿って分類できます。ライブラリー定義が楽にできるので、目まぐるしく 変化する業務上のニーズに素早く簡単に対応できます。

再利用による利益を改善するには、現在のパーツの利用状況が追跡されなければなりません。当ソリューションでは、再利用の要求に応じるべく複合的なコンポーネント検索が簡単にできるパワフルな検索機能をご提供します。属性を分類定義の一部として捉えることにより、ユーザーの皆様が効率良くシステムを設定 / 実行できるようになりました。また、結果の比較にも優れており、共通点や相違点を簡単に見極めることがで き、分類や順位付けが素早くできます。

当ソリューションはパワフルなコスト解析機能にも対応し、コスト解析者、エンジニア、バイヤーの皆様が既存のパーツの現在の価格や新しいパーツの見積り価格を基に、BOM(部品表)コンポーネント・コストを解析することが可能です。これにより、企業の皆様はNPDI(新製品開発 / 市場投入)プロセス中に協業する機能横断型チームと「デザイン・ツー・コスト」戦略を展開できます。

直接材料が企業支出の半分以上を占めるなか、消費財企業の大きな目的の一つは、バリューチェーン全体に亘って社内のコンポーネント情報の管理と共有を円滑化することです。当ソリューションでは、内部費用のみまたは外部費用のみに焦点を当てる方法からバリューチェーン全体に亘ってすべてのコスト推進要因を考慮する方法への移行をサポートします。

主な機能とメリット

  • カラー・スタンダード管理
  • 素材管理
  • 素材 / 素材の色の承認
  • ウォッシュ処理
  • 寸法 / 製造標準
  • グラフィックス標準

ENOVIA の質の高いテクノロジー、専門知識、期限遵守の機能は、メルローニ・エレトロドメスティチ社の成功の主な要因となりました。ダッソー・システムズとのパートナーシップが、当社にとっても当社の顧客やユーザーにとっても、長期的に満足の行く結果をもたらしてくれるものと確信しています。

Mauro Viacava CIO - Merloni Elettrodomestici