オプティマイズド・ワーク・パッケージ

施工プロジェクト定義の効率化により、高度なプロジェクト・デリバリーを実現

施工プロジェクトではこれまでもプロジェクト管理手法が用いられてきましたが、それでも納入の遅れやコスト超過をはじめとする非効率が生じており、こうしたプロジェクト管理手法の調整・修正が求められています。オプティマイズド・ワーク・パッケージにより、プロジェクト管理者は、指示、材料、装置、プロジェクト手順などの必要情報を含むワーク・パッケージを定義して、非効率を排除できるようになります。

オプティマイズド・コンストラクション3Dエクスペリエンス・ソリューションのオプティマイズド・ワーク・パッケージでは、CAD、BIM、IFCを問わず、あらゆるタイプの最新成果物にアクセスできます。ドキュメントのライフサイクルが管理され、データの作成、承認プロセス、データ保存を含むデジタル・コラボレーションが可能になります。これにより、ドキュメント・デリバリーレポートをリアルタイムで作成でき、警告やリマインダー機能も付けられます。これは、プロジェクト・スケジュールと連携が可能で、リアルタイムでの進捗レポートの作成、評価が実現します。

主な特徴とメリット

  • コラボレーティブでリアルタイムなプラットフォームを通じて、マスター・プロジェクト・スケジュールにすべての詳細を統合することで、仕事の効率と生産性を高めます。
  • あらゆるタスクの最新の進捗状況を測定、ダッシュボードから確認可能です。設計から製造、設置にいたるまで、ドキュメントが更新される度、ステータスレポートを即時受信できます。