オプティマイズド・プロジェクト

プロジェクトの予測、計画、実行を効率化して、高度なプロジェクト・デリバリーを実現

施工プロジェクトではこれまで、さまざまなプロジェクト管理手法が導入されてきましたが、遅延やコスト超過、その他の非効率性をコントロールすることは不可能でした。プロジェクト管理手法を調整、修正する必要に迫られています。優れたプロジェクト・プランニングは、効率的なプロジェクト・デリバリーを実現するため、スケジュール機能に加え、予算とのリンク、ロール、予期せぬステータス調整の予測といった要因に影響を及ぼします。

オプティマイズド・プロジェクト・インダストリ・プロセス・エクスペリエンスでは、施工チームの大勢のメンバーのコラボレーションを可能にするプロジェクト構成の構築を支援します。これにより、リソース・プランニングの自動化とベスト・プラクティスの制度化が実現します。コラボレーティブなプロジェクト管理機能により、プロジェクトやプログラムの実行時にタスク、ドキュメント、成果物、その他のデータ・ソースへの直接リンクを通じて情報がリアルタイムで自動更新され、世界中に分散したユーザーの生産性が大幅に向上します。プロジェクト管理者は、この自動更新機能により、ステータスを追跡する代わりに、価値の高いアクティビティに集中できるようになります。 

主な特徴とメリット

  • リアルタイムの進捗レポートとモデリングを使用することで、発生する前に問題を特定・修正し、スケジュール、予算を遵守したプロジェクト管理を実現する。
  • プロジェクトの変更は、発生時にすべての関係者に通知されるため、プロセスの各ステップで正確な情報が使用される。
  • マークアップの挿入、期日を過ぎたタスクのフラグ付け、欠品のトラッキング、複雑なスケジュール管理をあらゆるプロジェクトに対し、1つのソリューションで実行できる。