現在、世界全体で7.2兆ドルの売上高がある建設業界。2020年までに67%成長し、12兆ドルに達することが見込まれています。しかし、納期の遅れや コスト超過をはじめとする非効率により、米国だけでも毎年1200億ドルもの無駄な支出が生じています。製造業界がすでに何十年も前に経験したように、 今、建設業界では工業化や標準化が求められています。これを推進するのが、設計コラボレーション、プレハブ工法、モジュール工法の活用です。

リーン・コンストラクション・ソリューション・エクスペリエンス では、協業型のバックボーンに基づき、プロジェクトとデータの中央管理を可能とするほか、建設プロジェクトの計画や実施を改善する建設シミュレーションを提供します。また、適切な情報を適切なタイミングで適切な人に伝えます。

リーン・コンストラクション には4つの主なメリットがあります。まず、可視化によって利益を最大化させます。リアルタイムにプロジェクト進捗状況を確認することで、利益の損失につながるタスクが突き止められます。さらに、調達とリンクさせることにより、コスト管理が強化されます。2つめのメリットとして、 キャッシュフローが改善されます。作業分割や完成時間をより効果的に測定することで、出来高手法を実現できます。これは、プレハブ納入と合わせて、早期支払いを推進します。3つめのメリットは3Dを活用したデータの一元管理です。3Dという共通の言語で、複雑なプロジェクトも明確に理解できます。 あらゆるレベルの作業員がそれぞれの役割や、全体構想のなかでの位置を把握できます。4つめのメリットとして、無駄の最小化と利益の向上が挙げられます。リーン・コンストラクションを実行して、リアルタイムのプロジェクト進捗状況に基づいた合理的で実施可能な計画を立て、無駄を省いてみてはいかがでしょうか。

オプティマイズド・コンストラクション・インダストリ・ソリューション・エクスペリエンスの価値:

  • プロジェクトの状況をリアルタイムに更新することで問題が発生する前に防止し、スケジュールの延長や予算の超過を削減します。
  • すべてのプロジェクト関係者の間のコミュニケーションを向上することで、期待値を整合できます。
  • 時代遅れのコミュニケーションを防ぐため、一貫した情報が使用されるように、4Dを共通言語として維持します。
  • 最も重要な情報を大量のプロジェクト・データから切り離すことで、情報アクセスを簡略化します。
  • プロジェクトのリスクと無駄な時間を飛躍的に減らすことで、プロジェクトのクリティカル・パスを維持します。