コンストラクション・ワーク・ パッケージ

建設プロジェクトではプロジェクト管理手法が用いられてきました。それでも、納入の遅れやコスト超過をはじめとする非効率が生じているため、このようなプロジェクト管理手法を調整・修正する必要があります。コンストラクション・ワーク・パッケージでは、作業指示書、資料、設備に関する情報、プロジェクトのシーケンスといった、必要な情報を含むワーク・パッケージが定義でき、非効率をなくすことができます。

3Dエクスペリエンス・ソリューション「リーン・コンストラクション」のConstruction Work Packageで は、CAD、 BIM、IFCを問わず、あらゆるタイプの最新の成果物にアクセスできます。ドキュメントのライフサイクルが管理され、データの作成、承認プロセス、デー タ保存を含むデジタル・コラボレーションが可能です。これにより、警告やリマインダーを含むリアルタイプのドキュメント・デリバリー報告が作成されます。 これは、プロジェクト・スケジュールと統合させることもでき、こうしてリアルタイムの進捗状況報告と最新情報に基づいた評価が可能となります。

主な特徴とメリット

  •  国境を越えて分散するオフィス間でのコラボレーティブ・エンジニアリングが可能
  • エンジニアリングの進捗状況をリアルタイムで明確に把握し、リスクを早期発見。これにより、工期の遅れを回避. 
  • プロジェクト関係者があらゆる種類の技術関連最新成果物にどこからでもアクセス可能
  • 生データへのマルチCAD対応 - 既存のファイルやBIMモデルを使って作業
  •  ドキュメント・ライフサイクル・マネジメント
  •  オンライン承認プロセス
  • 送信管理・アクセス制御
  • 配信状況のダッシュボード
  • プロジェクト・スケジュールとの統合