Façade Design for Fabrication

建設プロジェクトの構想からファブリケーションまでの設計データを統合

Façade Design for Fabrication は、建築家、エンジニア、コントラクター、ファブリケーターの皆様を対象とした一気通貫型ソリューションです。

Façade Design for Fabrication では、ビルの概念モデルを発展させるための堅牢なソリューションを提供し、ファサードの設計、ファブリケーション、建設を支援します。

  • 作業しながら要求事項を検証できる動的ツールを使ってビル建設を計画
  • 形状、パターン、構造、詳細にわたって設計をさらに発展
  • 設計モデルのデータを作業現場の図面や部品表(BOM)の自動作成に適用

主な特徴とメリット

  • 顧客を満足させるより優れたビルの実現:時間を節約、工程の行き詰まりを削減、リアルタイムに要件を検証、顧客の期待を上回る結果
  • 建設の工業化:クラウド上で展開するコラボレーションと拡張性により、概念モデルのデータをファブリケーションに適用させ、無駄を削減
  • 3Dによる情報の一元化:「共通認識の」作成ツールにより、3D単独図のバージョンをプロジェクト・チーム全体で共有
  •  3Dエクスペリエンスのパワー:ビジネス・エクスペリエンス・プラットフォームにより、人々をつなぐコラボレーティブでインタラクティブな環境を創出

3Dエクスペリエンス・プラットフォームでは、クラウド上でモデリングが行われ、いつでも利用可能です。クラウド・ベースのコラボレーションは、スピードと効率の良さがメリットです。

Jonathan Mallie Principal of SHoP Architects and Managing Director of SHoP Construction