シビル・デザイン・フォー・ファブリケーション

予備設計からファブまで、シビル・デザインをつなげる

 

発注者は、期限が守られコストオーバーランのないプロジェクト推進に大きな期待を持っています。土木設計者とエンジニアが予備設計フェーズや詳細設計フェーズで異なるアプリケーションを使用していると、無駄や手直しが発生し、作業は必然的に遅れます。設計者とエンジニアは、テクノロジーによる制限を受ける分断された環境で作業を行うと、プロジェクトの改善を進めるエキスパートの意見を取り込めません。CIMアプリケーション間の統合と連携ができないと、不具合が起こりやすく、整合性を確認する手間が増えてしまいます。生産性を高めるには、予備設計段階で専門知識を有効活用し、統合されたCIM環境にエキスパートのノウハウを蓄積する必要があります。成果物がマスターデータとリンクされていないと、設計変更をもたらし、プロジェクトの遅延、予算オーバーにつながります。

クラウドベースのコラボレーティブな3Dエクスペリエンス®プラットフォームで構築されたシビル・デザイン・フォー・ファブリケーション・インダストリー・プロセス・エクスペリエンスは、統合されたCIM環境内で、予備設計から詳細設計、ファブリケーション、施工まで、プロジェクトの情報を最初から最後まで効率よく連携します。点群データ、地形、水循環、地質、ロケーションなどを総合してモデル化し、シミュレーションを実施します。シビルIFCのデータは、道路、鉄道、トンネル、橋などの大規模プロジェクトに適しています。パラメトリック、コンピュテーショナル デザインのモデリング手法と、ナレッジベースのテンプレートをライブラリーとして活用することで、プロジェクトの最適化を行なえます。

シビル・デザイン・フォー・ファブリケーションの統合CIM環境は、適切なテクノロジーを統合することで、高度なコラボレーションを可能にします。人材、テクニック、テクノロジーを活用し、高いパフォーマンス、価値、効率を達成します。

主な機能とメリット

  • 多様な設計対象に対応します。豊富なモデリング機能により、標準的で、大規模なモデルもジオロケーションでマッピングし、クラウドによる拡張性を活用できます。
  • 建設プロジェクトを管理します。次のプロジェクトでも使いましょう。最初のモデルを製造や据え付けのフェーズまで活用することで、無駄を削減し、手直しを減らします。
  • 設計から建設まで、多彩なデータを統合します。オーサリングから膨大な量のデータ処理まで「同一ページ」で処理でき、関係者のコラボレーションが改善されます。
  • 3Dエクスペリエンス・プラットフォームの効果を活用できます。設計モデルにリアルタイムで同時にアクセスできる統合CIMにより、コラボレーションの真の効果が得られます。プロジェクトの関係者は、シングル ソースの環境で共同作業を進めることができます。ダッソー・システムズのAECデータ・モデルを使用すると、CAD形式やCIM、BIM形式、その他の形式のデータもインポートできます。

<div/>