ビルディング・デザイン・フォー・ファブリケーション

企画からファブリケーションまで、ビルディング・デザインをつなげる

 

一般的なBIMソリューションは分断されています。企画設計案を詳細設計の段階に引き渡しても、整合性を保てません。初期段階の設計者は製造側のエキスパートの知見が得られないため、後工程でのやり直しが発生しやすくなります。製造側の知識が統合されていないと、設計者はコストやスケジュールを推測で判断することになります。このような場合、設計者の意図に反して設計案が複雑になり、据え付け段階に負担がかかり、スケジュールや予算がオーバーすることになります。設計者が設計の意図を明確に伝えられなければ、据え付け業者は設計案を正しく理解できません。

クラウドベースのコラボレーティブな3Dエクスペリエンス®プラットフォームで構築されたビルディング・デザイン・フォー・ファブリケーション・インダストリー・プロセス・エクスペリエンスは、統合されたBIM環境で、企画から設計、ファブリケーション、施工まで、プロジェクトの情報を最初から最後までエンドツーエンドで効率よく連携します。意匠、構造、設備の各分野で設計とシミュレーションを行えます。オフィス家具から、工場、高層ビル、有機的な形の建築まで、デジタルモックアップが作成できます。パラメトリック、コンピューテショナル デザインの各手法を活用して生産性を高め、プロジェクトを最適化します。

ビルディング・デザイン・フォー・ファブリケーションは、適切なテクノロジーを連携して、高度なコラボレーションを可能にします。人材、テクニック、テクノロジーを組み合わせ、高いパフォーマンスで価値を高め、無駄を減らして効率化します。

主な機能とメリット

  • 優れた建物を作り顧客満足度を向上させます。時間を節約し、工程の行き詰まりを抑え、リアルタイムに要件を検証し、クライアントの期待を上回る結果をもたらします。
  • 建設プロジェクトの全体的な管理を実現します。シングル ソースのデータで設計から製造、組立まで進め、無駄を削減し、やり直しを減らします。
  • 情報を一元管理します。オーサリングから膨大な量のデータ処理まで「同一ページ」で処理でき、関係者のコラボレーションが改善されます。
  • 3Dエクスペリエンス・プラットフォームの効果を活用できます。統合BIMの環境をプロジェクトで利用すると、データ オリエンティッドな環境を活用できます。プロジェクト・データや設計モデルにリアルタイムに同時アクセスできるので、関係者のコラボレーションが促進します。ダッソー・システムズのAECデータ・モデルを使用すると、複数のCAD形式、BIMデータ、さまざまなデータ・ソースで作業が進められます。