2D から 3D へ再投資

BIM (Building Information Modeling)は、建築物のライフサイクルにおいて3Dデータを生成・管理するためのプロセスです。リアルタイムで3Dのダイナミックなビルディング モデリングソフトウエアを使用することで、建物の設計・建設の生産性を向上させます。建設・建築業界では、BIMがビジネス・プロセスを変革して生産性と 効率を上げることが期待されていますが、建築許可の申請に3Dモデルを応用することを認めていない国があるため、業界の企業の多くがまだ2Dのドキュメン トを使っています。また、2Dのドキュメントを必要とするプロジェクト関係者もいます。概して、建設・建築業界のIT投資の60%が依然として2次元 CADソフトウェアや維持費に投入されているのが現状で、BIMのビジネス・プロセスへ移行するうえで大きな妨げとなっています。

 

ダッソー・システムズでは、こうした問題に対応するため、お客様が高度な3Dモデリングやシステム・プロジェクト・バックボーンに再投資する予算を確保できるよう、無償のプロフェッショナル向け2次元CADを展開しています。

 

関連ブランド:

関連ブランド: DraftSight