Project & Requirement Management

ビル建設では国境を越えた協業の必要性が高まっており、時間と予算の枠内での納入が益々厳しく要求されています。また規制や規格も厳格化しています。このような状況下、さまざまなプロジェクト関係者が使用する複数のアプリケーションに対応し、プロジェクトのライフタイムにわたって作られる情報を統合管理するソリューションが必要となっています。

製造、エネルギー、造船などの業界で重要な役割を担うダッソー・システムズ(3DS)は、お客様にプロジェクト管理や要件管理のソリューションを提供してきました。地理的に離れた複数の場所での大規模なデータ処理の経験も豊富です。ダッソー・システムズのProject & Requirement Managementは、プロジェクトのライフタイムを通じて建設会社とそのサプライヤーのコラボレーションを支援します。3DSのソリューションは、ビジネス・プロセス管理と、設計、エンジニアリング、解析、施工計画用の最新ツールを一体化し、持続可能な設計と革新的な建物の迅速な納入を実現します。要件管理機能では現地の法的要件や新しい建設計画の詳細を把握できます。プロジェクト管理機能ではスケジュール、リソース、プロセス、コスト、納入などの観点からのプロジェクトの進捗状況をリアルタイムに可視化するプロジェクト・パイプライン・ダッシュボードを提供します。

ソリューションの機能:

  • コスト予測と支出の監視
  • すべてのデータの一元管理
  • 調達、設計、計画、コスト予測、サプライヤー管理の統合システム

対応ブランド

ENOVIAを使用すると、格段に速いスピードで情報を入手できます。控え目に言っても、以前の半分の時間でコスト予測を完了できるようになりました

Markus Pöllä氏 デベロップメント・マネージャー、Skanska Finland社