空に夢をはせて

世界を変えるSolar Impulse 2のミッション

パイオニア精神、イノベーション、クリーン・テクノロジーが、自然環境や人々の生活と製品との調和をみちびく

ベルトラン・ピカール氏とアンドレ・ボルシュベルグ氏が、ソーラー・インパルス2で世界を変えようとしています。 この新型の単座式ソーラー飛行機は、2015年に太陽エネルギーだけで(化石燃料を一切使用しない)初の世界一周飛行に挑戦するために作られました。

 

「ソーラー・インパルスは単なる飛行機ではなく、そこにはメッセージがあります」と、ダッソー・システムズの航空宇宙・防衛産業担当バイス・プレジデントであるミシェル・テリエは言います。 「ソーラー・インパルスのプロジェクトは、クリーンな代替エネルギーが、極限状況においても安全に活用可能であり、世界を変える力を有することを我々に示しています」

ソーラー・インパルス・チームは、世界を一周する革新的な飛行機の設計にあたり、新型の機体・翼の設計や、厳格な重量目標を達成するための新素材の活用など、これまでとは異なる様々な課題や相矛盾する問題の解決に直面しました。 パイロットのコックピットの設計においては、世界一周を達成する上での安全性、快適性、操縦性を確実なものとするために、高度な設計および管理ツールが求められました。同チームで2006年以来活用されてきた、ダッソー・システムズの各アプリケーションが、進行中の開発プロセスを遂行し開発目標を滞りなく達成する上で貢献しました。

ソーラー・インパルス社のエンジニアは、「3Dエクスペリエンス・イノベーション・パートナー」として、ソーラー・インパルス 2が世界一周飛行に心配なく望めるよう、同機の設計、製造、各種認定業務にダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームを活用しました。

数字で見るソーラー・インパルス 2

2~3トン

機体重量

260 Wh/kg

4個あるバッテリーの個々の能力

135ミクロン

太陽電池の厚み

17,248基のソーラー・パネル

翼を覆う

3.8立方メートル

コックピットのサイズ

ソーラー・インパルス:3DEXPERIENCEによるクリーン航空機のパイオニア

ソーラー・インパルス計画の考案者でありソーラー・インパルス社の会長兼パイロットを務めるベルトラン・ピカール氏は次のように述べています。「最初から正しい品質を作り込まなければなりませんでした。我々が追求するエクスペリエンスを創造するには、実証された最先端のインダストリー・ソリューションが必要でした。ダッソー・システムズとその3Dエクスペリエンス・プラットフォームを採用した理由はそこにあります。エクスペリエンスという考え方は、このような長時間飛行を可能にする飛行機を開発する上で、まさに必要な視点だったのです。私たちは一回のフライトで5日間コックピットに滞在しなければなりません。こうしたフライトを成功させるには、推進装置や電子機器をはじめ、乗組員用の設備に至るまで、あらゆる要素を検討、計画、統合し、実装しなければならないのです」

機体

ソーラー・インパルスのエンジニアが設計した主翼は、Boeing 747-8Iよりも翼幅が広く、主にカーボン繊維のコンポジット素材で作られています。設計にあたっては、可能な限り軽量化を図りながら、約90km/hの巡航速度に必要とされる揚力を実現することが求められました。

構造

チームは、最長で連続5日間、昼夜を問わず、燃料なしで飛行を続けるという、誰も成し得たことがない課題に挑みつつあります。ソーラー・インパルスのエンジニアは、現地で設計して、社内で組み立てができる、手作業での「Design for Assembly(組立てを前提とした設計)」という非常に革新的なソリューションを採用しました。

コックピット

単座コックピットは、-40°C~40°Cで与圧ゼロの環境下で、最長で連続5日間、昼夜を問わず飛行を続けるという、当機の独特の要件をふまえ、わずか3.8m3のスペースに、水と食料などを置くことができるように設計されました。

ベルトラン・ピカール氏

ソーラー・インパルス社 会長、創設者、パイロット

ブライトリング・オービター・プロジェクトの創設者。

世界初の気球による無着陸世界一周飛行でキャプテンをつとめ、距離と持続時間で航空史上最長の飛行距離でFAIの7つの世界記録を保持
Twitter:@bertrandpiccard

アンドレ・ボルシュベルグ氏

ソーラー・インパルス社CEO、共同創設者、パイロット

Sloan SchoolMIT)の経営科学卒。
スイス空軍パイロットの訓練を受ける。
ソーラー飛行機による距離、高度、持続時間でFAI8つの世界記録を保持
Twitter:@andreborschberg

20世紀の挑戦者たちは、「世界初」の偉業を一つ、また一つと達成し、 それまでの「不可能」を「可能」へと塗り替えてきました。 今日、地球上に生きる私達の暮らしがより質の高いものになるよう、 新しい何かを見つけるための旅は止まることがありません。

ベルトラン・ピカール氏 ソーラー・インパルス社 会長

ストリートビュー:格納庫内部