マシンド・コンポーネント

顧客の仕様に基づいた製造の効率を改善

大多数の相手先ブランド製造企業(OEM)およびその他の元請業者では、戦略的なアウトソーシングへの移行が増え続けています。 その結果、設計製造や仕様製造を中核とする会社にビジネス機会が増えています。 「Build to Print(設計製造)」方式の会社は「Build to Specification(仕様製造)」方式に変わりつつあります。

機械加工部品は、エンジニアド・トゥー・フライ・ソリューション・エクスペリエンスの一部をなし、企業の業務を効率化することでコスト効率を改善するデジタル継続性 を提供します。 これは 機械加工製品の設計、シミュレーション、製造、品質管理用の 完全で一貫性のある アプリケーション ・セットを提供します。 製造可能性の制限が組み込まれた、統合 シミュレーションを使用して、初回から適切なデザインを作成します。 複数の顧客に対して、製品および企業の知的財産をセキュアに再利用します。

デジタル継続性 などの無駄のない原則を使用して、競争での優位性を確保することで、 顧客に高品質で信頼性の高い納品を予定通りに行うことができます。

主な特徴と利点

  • CADモデルからの部品表(BOM)製品定義を一元管理
  • 作業指示書を使用して、変更を取り込み、すべての関連データへの影響を管理
  • 顧客のプロジェクトで、製品の知的財産(IP)をセキュアに再利用