イクイップメント・アンド・システムエンジニアリング

ハードウェアとシステム・エンジニアリングを最適化

新テクノロジーによるプロセス・イノベーションにより、中小規模の企業の競争力を強化します。 機器とシステム・エンジニアリングエンジニアド・トゥー・フライ・ソリューションの一部をなし、複数分野にわたる設備内の機械設計の統合に関するエンジニアリングの課題に対処します。これにより、複数の複雑なプロセスを改善して、品質の向上とコスト削減を実現します。

このソリューションは、電気設備および配管設計の機械エンジニアリング、および設備アーキテクチャへの完全な統合をサポートします。 製品仕様から製造要件に至るまで、すべてのデータと知的財産(IP)に3Dエクスペリエンス®・プラットフォームを使用することで、すべての製品関係者によるリアルタイムのセキュア・アクセスが可能になります。 さらに、独自のRFLP(要件定義、機能設計、論理設計、および物理設計)インフラストラクチャーは、製造計画とドキュメント作成を社内のシステム要件、機能定義、論理的定義、物理的定義、および動作のシミュレーションとリンクします。 当初の要件から最終的な製品までエンドツーエンドのトレーサビリティが、設備設計の最適化を支援します。

すべての関連するエンジニアリング部門で、単一の統一された製品定義を使用することで、無駄を省いた改善が実現できます。 この機能により、複数分野にわたる設備のモデリング、最適化および解析、システムレベルのコンフィグレーション管理が可能となります。

主な特徴と利点

  • 複雑で大規模な電気設備設計を、すべての関係者と1つの製品定義を共有することで迅速化
  • 設計と製造の統合により、製品と設備(電気、配管など)の品質を向上
  • 環境(重力や非線形ハーネス動作など)のシミュレーションにより、フレキシブル・ハーネスの現実的な変形を使用した堅牢な設計開発
  • ワイヤー・ハーネス設計データ・モデルの3D電気設備設計からの3D製造情報も含む自動設計変更
  • 複雑な設備の最適化された機械設計と製造の統合により、エンドツーエンドの無駄のないプロセスをサポート
  • 時間のかかる手動のデータ転送や複数ツールを管理する複雑さを排除