コンポジット・エンジニアリング

統合された複数分野を完全にコントロール

エンジニアド・トゥー・フライ・ソリューションの一部をなす、複合材エンジニアリングは複数分野にわたって堅牢な設計の統合を提供し、品質を妥協することなく生産率を高めて信頼性を強化します。

複合材エンジニアリングを使用することで、エンジニアリング、解析、製造、品質管理を含むすべての分野で提供されるデジタル継続性により、高い完成度が実現できます。 エンジニアの皆様は、初回の製作から製品定義を適切に適用できる統合アプリケーションを使用して、効率的に複合材部品とアセンブリを設計してより短時間で目標を達成できます。 さらに、複合材エンジニアリングにより、重量面、性能面、生産可能性面の制約間の正しいバランスを判断する能力を向上できるため、不確実性を縮小できます。

主な特徴と利点

  • 複合材設計に製造仕様を早期段階で組み込み
  • 図面の自動生成と製造の作業指示書
  • 設計から製造に至るまで複数分野にわたるデジタル継続性
  • 知的財産IP(材料特性、配向設計など)のセキュアな再利用
  • 設計、設計シミュレーション、製造の全過程を通じて追跡可能な仕様