生産性の向上による競争優位

今日、航空宇宙・防衛業界の小中規模のサプライヤは、売上総利益、収益、市場シェアを改善する厳しい必要性に迫られています。 ビジネスを獲得するために競合する企業数が増加している中、相手先ブランド製造企業(OEM)から生産率の向上と部品やシステムの期日通りの納品が要求されるため、サプライヤはより柔軟な生産方法が必要となります。

3Dエクスペリエンス・プラットフォームを基盤とするエンジニアド・トゥー・フライ・インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスにより、小中規模のサプライヤは利益性の高いビジネスの成長を実現できます。 業務運営の強化 は、再現性と再使用性を確保するための エンドツーエンド提案プロセスの知識獲得から始まります。これにより企業は戦術的な提案管理に費やす時間を削減できます。 企業はより多くの見積依頼(RFQ)および提案依頼(RFP)に対応でき、スケジュール面やコスト面の正確さが向上します。 さらに、3Dエクスペリエンス・プラットフォームが提供するデジタル継続性は、異なる部門(販売、エンジニアリング、シミュレーション、製造、品質管理など)を統合して、製品開発の複雑性を低減します。 デジタル継続性が部門の境界を超えている、あるいは バリュー・ストリーム全体に徹底されていることで、航空宇宙・防衛業界のサプライヤは、設計時間の短縮、早期段階での問題特定による品質向上、 重複する部品数 の削減、製造の最適化が可能となり、高い利益率を達成できます。

エンジニアド・トゥー・フライの価値をご覧ください。

  • 複数の相手先ブランド製造企業(OEM)とのコラボレーション、およびセキュアな知的財産(IP)の活用を促進および管理
  • リアルタイムのプロジェクトの実施、事前定義されたテンプレート、および自動化されたプロセスを活用して運用効率を向上
  • 主要な各設計分野専用のソリューションで最適化されたデジタル継続性:設計エンジニアリングから製造および生産までのプロセスに対応

ハイエンドの大規模な航空機内装用の設計および装置事業を展開している当社は、ダッソー・システムズのエンジニアド・トゥー・フライを使用して、複数の設計部門間のシームレスなコラボレーションと大規模なアセンブリの簡素化を実現しています。 こうして向上したエンジニアリングの生産性は、非常に重要な段階を迎えている当社にとって極めて重要です。

Stephen Shaffer氏 (GDC Technics、CIO)