ストラクチャー・エンジニアリング

バリュー・ストリームを統合し、最初から正しい設計を実現

エンジニアリングおよび製造業務で活躍する業界のリーダーたちは、仕様に沿った設計を完成させ、製造

要件に照らし合わせて完全検証しなければならないという難しい課題に直面しています。

「コデザイン・トゥー・ターゲット」ソリューションの一部である「ストラクチャ・エンジニアリング」では、一貫性のある堅牢なシミュレーションを活用して、要件や(製造可能性などの)達成基準に照らし合わせて設計を検証する機能を提供します。また、バリュー・ストリームや各技術部門の役割を最適化することにより、エンジニアリング部門と製造部門のパフォーマンスを向上させます。たとえば、解析担当者、機体構造エンジニア、製造エンジニアが同時に作業し、機体コンポーネントの詳細定義に素早く着手できるので、重量や機械的耐久性の目標を達成し、製造可能性についての明細に沿うことができます。

主な特徴とメリット

  • プログラムの目標を守りながら新しい材料と技術をプログラムに統合
  • リーン・デザインの実施(パーツの削減、腐食の抑制、熱音響特性の改善など)
  • 現場の後工程で問題が発見される確率を抑制し、最初から完成度の高い製造を実現