航空宇宙サプライヤー管理

わずか1社で航空機全体を製造する時代は過去のものとなりました。現在、航空宇宙業界ではリスクシェアがビジネスモデルとなっています。つまり、メーカー のパートナーとなる製造会社が特殊パーツの開発と製造を担当し、メーカーは最終組立の役割のみを担っています。このような複雑な製品をアウトソーシングす るには、国境を越えたエコシステムの複雑性に対処する製品開発プラットフォームが必要です。それによって、バリューチェーンに関わる人々を最初からプログ ラムに参加させることができます。

ダッソー・システム(3DS)のAerospace Supplier Management ソリューションは、当業界特有の複雑な調達・供給エコシステム管理のあらゆる側面をカバーします。エンジニアおよび品質管理の責任者の皆様は、サプライ ヤーを製品情報にリアルタイムでアクセスさせることができます。そして、サプライヤーを初期の設計コラボレーション、品質管理、サプライヤー実行などのプ ロセスの欠かせない要素にします。サプライヤーは特定の部品とアセンブリに関する責任を任され、異なる表示とアクセス権を与えられた複数のサプライヤーが 同じアセンブリについての共同作業をすることができます。部品の品質計画書が同時に割り当てられるので、サプライヤーが標準的な改善法、計画方法、ベストプラクティスに従うことが確実になります。

サプライヤーの業績は、工場、認定、調達力などを評価する重要業績評価指標(KPI)か ら成る得点表を通して追跡されます。その結果、戦略的な関係性のバリューを最大限に高めるための開発計画をサプライヤーと共同で考案することができます。 これにより、プロセスを常に改善する能力が高まり、OEMと主なサプライチェーンの関係者との間の連携も強まります。企業の皆様は、部品表(BOM)および標準的な見積依頼書(RFQ) を作成する上で必要なその他のデータ、また複雑な製品や在庫のある部品の見積の作成に必要なデータを活用することにより、運営コストを削減し利益を改善す ることができます。当ソリューションには、エンジニア部門と調達部門が単一のコンポーネント管理システムで作業することを可能にする分野横断的なコンポーネント管理が含まれています。エンジニアが調達の面で最適の部品を選ぶ一方、購買部は技術的な要求を一望して的確な調達判断をすることができます。

ダッソー・システムズのAerospace Supplier Management ソリューション は、企業の皆様がより良いサプライヤー・コミュニケーションを通して調達と製品サイクルを合理化するお手伝いをし、見積の提出までの時間を削減しつつ、そ の正確性を高めます。サプライヤーは技術変更要求を提出し、製品ライフサイクルの前段階で様々な専門分野のグループと協働することができます。当ソリュー ションを Aerospace Program Management ソリューション と合わせてお使いになると、さらに契約データ要求リスト(CDRL)、サプライヤー・データ要求リスト(SDRL)、およびその他の無契約データ要求を提出タスクとして定義することもできます

Aerospace Supplier Management ソリューションには、以下の機能が搭載されています。

  • 競争的調達
  • サプライヤー適正
  • 設計のための調達
  • 調達条件
  • 購買条件

「ダッソー・システムズのPLMは、当社のバリュー・ストリーム全体に情報を流すのに役立っています。これにより、同時並行性が高まり、新製品をより速く市場に出しやすくなりました」

François Caza VP and Chief Engineer Bombardier Aerospace