航空宇宙製品アーキテクチャ

L

航空宇宙・防衛(A&D)の製品アーキテクチャの検証はデジタル・モックアップの定義と同時に行われていまし た。しかし、そのようなアプローチでは製品開発スケジュールに大きな影響を与えずに製品アーキテクチャに変更を加えることはできないということが、エンジ ニアたちによって指摘されました。開発プロセスのより早い段階、即ち製品の詳細ができあがる以前に、製品アーキテクチャを定義・検証することができれば、エンジニアがイノベーションを生み出す機会も増え、その一方で変更にかかるコストも抑えられます。

ダッソー・システムズ(3DS)のAerospace Product Architecture ソリューションにより、設計者の皆様は、製品開発の早期の段階で分野横断型の高度な製品アーキテクチャを3Dで定義することができます。当ソリューションは製品の外部形状仮構造論理システム空間配分の定義に 関する全ての作業をサポートします。ロフティングから構造&システム配置、基本構造解析を経て人間工学研究に至るまでの全ての設計活動を網羅する豊富なア プリケーション・セットをお届けします。3Dを活用することにより、定義と検証のプロセスが迅速化され、製品アーキテクチャが設置と配置の要求事項の全て を満たすことが確実となります。

ダッソー・システムズのPLMシステムの中心に存在するのはRFLP(要 求仕様、機能、論理構成、物理形状)インフラで、製品設計を論理的定義・機能的定義および社内、カスタマー、規制当局からくる要求事項と関連付けます。こ れにより、最初の要求から最終製品の完成に至るトレーサビリティーが確保されます。これらの情報とその他の包括的最新製品情報は、要求事項における変更が 製品アーキテクチャ、詳細設計、下流プロセスにどのような影響を与えるかを理解するうえで役に立ち、その結果、意思決定プロセスの改善も促進されます。

ダッソー・システムズのAerospace Product Architecture solution ソリューションは、航空宇宙・防衛業界の技術的要求を知り尽くしたうえで開発されました。製品アーキテクチャのためのこのユニークなソリューションは早期 の製品検証をサポートするだけでなく、要求事項から概念設計と下流プロセスまで技術変更のトレーサビリティーを確保することにより、製品開発サイクルに沿って技術関連の業務をもサポートします。

Aerospace Product Architectureソリューションには、以下の機能が搭載されています。

  • ロフティング
  • 構造仮設計
  • 人的要因解析 (人間工学研究)
  • 3D システム配置設計 & 統合

「CATIAとDELMIAの導入により、当社の従来の開発環境では4年かかっていた新しい機体のモデルの開発をわずか23ヶ月でできるようになりました」

Luo Ronghui President and General Manager, Chengdu Aircraft Industrial