Aerospace Manufacturing

航空宇宙防衛 (A&D)業界では多くのプロジェクトがコストを超過してスケジュールが遅れているため、適切な 生産計画 とその実行が事業を継続する上で重要です。 製造計画とその実行には多くの要素が関連するため、正確に調整して実行し、プログラムを時間どおりに予算内で問題なく開始する必要があります。 製造施設とサプライチェーン全体で相互に関連したアクティビティを慎重に計画して、最高に安全、高速で最適な順序にする必要があります。

Dassault Systèmes(3DS)の Aerospace Manufacturing 用ソリューションでは「製造用設計」アプローチがサポートされ、設計プロセスと製造プロセスを同時に最適化して、使用可能リソースを最適に活用できるようになります。 製品開発の早い段階から、製造計画、リソース管理、生産業務をDassault Systèmesの PLM システムで定義し、製品の製造準備が整ったときに発生することが多い製造の遅れという問題の発生を減らすことができます。 包括的な 3Dプロセス・ツールとリソース計画ツール が広範な事業全体にわたって製造組織に提供され、受注生産で柔軟な製造プロセスの作成と最適化が可能になります。 A&D業界のメーカーは、ロボット、人材、製造プロセスなどのリソースをシミュレーションし、さまざまな生産システムを評価して設計を処理してから単一のプロトタイプに投資できます。 このアプローチによって Design Anywhere/Build Anywhere (DABA)のビジネス・アジリティが増進し、工場間で生産を簡単にシフトして生産能力を最適化できます。

現実の世界では変更が避けられないので、このソリューションには、生産プロセスのさまざまな選択肢を迅速に評価し、「建て回し」戦略を提案して計画を素早く効率的に訂正する機能があります。 Dassault Systèmesの PLM システムでは、設計 「設計どおり」)、 製造計画 (「計画どおり」)、 生産 (「構築どおり」) の情報の関係が維持されます。 航空機メーカーは処理能力を最適化して製品品質を維持するために、後段階での変更を追跡し、設計変更によって影響される可能性がある部分を特定して、その変更が生産におよぼす影響を調査できます。

Dassault Systèmesの PLM システムでは設計と製造が統合されており、航空機メーカーに必要な情報がもたらされて変更のコストを金額と時間で予測できるようになります。 製造順序は設計構成とは別に再編成できるので、それぞれの現場が完全に柔軟にカスタム生産手法を活用できます。 製造計画が完了したら、 MES (Manufacturing Execution System)により、従いやすい指示書の形で詳細作業指示を作業者に伝えます。これには 3Dの組み立て順序 が含まれているので、誤りを最低限に抑えることができます。

Aerospace Manufacturingソリューション:

  • 製造の計画と解析
  • 製造のリソースとロジスティックス
  • Intercimとの統合を含めた生産業務管理

設計、プロセス、製造の3Dデジタル・モックアップ技術のためにCATIAとDELMIAを選択しました。Dassault Systèmesには航空機専用のアプリケーションがあり、航空宇宙業界ではこれが事実上の標準になっています。

Song Chengzhi Director,Deputy General Manager および Chief Designer, Chengdu Aircraft Industrial