Aerospace Internal Systems Design

製品開発プロセス中にエンジニアリングの各分野が調整されていなければ、結果的に設計が矛盾し、遅れと低品質の原因となることがあります。 航空宇宙防衛業界では、構造、電気、配管、通信のインフラストラクチャ部品も含めて、 航空機の内部システム の構成要素を円滑に統合するために、初期の段階で効率的なコンカレント・エンジニアリングが重要となります。 複雑な設計要件を満たすプレッシャーが増して期日が迫ると、 航空機の内部システム設計 の開発を調整することは非常に困難な作業になります。 進捗中に行われるエンジニアリングの変更によって、とくに複数の構成が関連する場合、部品表(BOM)とその他の製品データを正確にしてサプライチェーン全体で同期することが困難になることがあります。

航空宇宙防衛業界の企業では、 Dassault Systèmes(3DS)の Aerospace Internal Systems Design 用ソリューションにより、航空機の内部システムに関して多分野にわたるエンジニアリングの作業を処理できるようになります。 PLM システムにより、製品仕様から製造要件までのすべてのデータに単一のリポジトリが提供され、製品開発のすべての関係者がデータにリアルタイムで安全にアクセスできるようになります。 機械、電気、配管、通信など、多分野にわたるエンジニアリング・データは、多くの場合ライフサイクルが異なりますが、 統一された製品定義 で取り込まれるため、エンジニアはプログラムの初期から内部システム設計に総体的なアプローチを採用できます。

航空宇宙防衛業界は、システムの設計と管理についてかつてない課題に直面しています。 今日、航空宇宙防衛の製品に組み込まれる電子工学機能は複雑さと重要性が増し、電気機器の価格が高騰するとともに製品開発がグローバル化されているため、電気システムと通信システムの設計が、単なる補足ではなく、製品開発の主要作業の1つになりました。 Aerospace Systems Engineering ソリューションとともにDassault Systèmesの PLM システムを使用すると、 RFLP (要件、機能、論理、物理)インフラストラクチャが提供され、内部システムの要件、機能定義、論理定義、物理定義、動作シミュレーションが、製造計画および文書化とリンクします。 元の要件から最終製品までの徹底したトレーサビリティにより、システム設計を最適化して市場での実績を高めることができます。

エンジニアは、製品開発サイクルの初期から内部システムを航空機全体に非常によく適合させるよう考慮する効率的な設計に、Dassault Systèmesの Aerospace Internal Systems Designソリューション が不可欠であることを認識しています。 このソリューションでは、高度なモデリング機能がシステムのエンジニアリングと製造のプロセスに統合されるため、開発コストを削減しながらサイクル後半でのエラーを最低限に抑えることができます。

Aerospace Internal Systems Designソリューションには以下が含まれています。

  • 製造用のElectrical Systems Design
  • 製造用のFluidic Systems Design
  • 製造用のMechanical Systems Design
  • エレクトロニクスおよび組み込みソフトウェア管理
  • 完成機器モデリング
  • コンピューティングと通信のインフラストラクチャ

当社の80年におよぶ航空機開発の知識をCATIA設計テーブルに組み込み、エンジニアが繰り返し使用できるようにしました。

Jim Strawn Engineering Specialist, Cessna Aircraft Company