航空宇宙アセンブリ構造

航空機の大きなセクションに複合材料を使用するなど画期的なエンジニアリング技術を採用することが、OEM、パートナー、サプライヤー間で役割と責任が世界的な再配分と相俟って、リスク、設計の矛盾、遅延、低品質製品の削減に重要なコラボレーションとプロセスの最適化を実現します。 複雑な設計要件を満たすというプレッシャーが高まり、納入期日が迫ると、 航空機のアセンブリ構造 の開発を調整することは困難になります。 進捗中に行われるエンジニアリングの変更によって、とくに複数の構成が関連する場合、部品表(BOM)とその他の製品データを正確にしてサプライチェーン全体で同期することが困難になることがあります。

Dassault Systèmesの 航空宇宙アセンブリ構造用 Product Lifecycle Management(PLM)ソリューションでは、 航空機の機械部品 およびそれを組み立てるためのツールの設計と製造に必要となるすべてのアクティビティがサポートされます。 このソリューションでは専用アプリケーションにより、単純な部品から複雑なマルチポケット5軸 機械加工部品まで、またストレート成形板金部品から液圧成形の板金部品まで、およびRTM(レジントランスファ成形)、ハンドレイアップ、自動テープ敷設などの複雑な設計構成と製造プロセスを使用する 複合部品 の定義を行います。 エンジニアは専用フィーチャーにより、形状の作成ではなく、設計意図に集中できます。 その結果、機能がさらに革新的で顧客の要件を満たす高品質製品を低コストで生産できるようになります。

このソリューションに固有のデザイン・イン・コンテキスト機能とリレーショナル・デザイン機能により、バリューチェーン全体にわたって、設計、解析、製造、サービスの各エンジニアリング・チーム間で早期のコミュニケーションが可能になります。 航空機メーカーは、設計上の意思決定が 製品パフォーマンスとコストで意味するもの を常に監視しながら、設計の繰り返しを加速し、サイクル後半のエンジニアリングの変更を減らすことができるのです。 Dassault SystèmesのPLMシステムでは、コストを削減することと製品開発時間を短縮することに加えて、企業の知的財産を最大限に利用することもできます。 製品の集団的な開発に一般的な方法論とプロセスが実施され、新しいプログラムと派生プログラムによる企業の知的財産の継続的な取り込みが促進されます。

Dassault Systemesの 航空宇宙アセンブリ構造 用ソリューションでは、Dassault Systèmesの実証済みの構造エンジニアリング・ベスト・プラクティスが併用されています。これは、航空宇宙防衛(AD)業界のユニークなエンジニアリングの要件を深く理解して開発されたものです。 これが、3DS PLM システムが今日のAD業界で最も広く展開されている製品開発ソリューションになった理由です。

航空宇宙アセンブリ構造ソリューションには以下が含まれています。

  • 機械加工部品の設計から製造準備まで
  • 板金の設計から 製造準備まで
  • 複合部品の設計から製造準備まで
  • 設計者用の解析とシミュレーション

ルールとパラメータに基づいて、複雑なアセンブリを数週間ではなく数時間で自動的に構築できます。

Warren Potts Goodrich Aerostructures社のテクニカル・サポート部長